2018年01月21日

「日本焼肉物語」宮塚利雄

CIMG3185.JPG

誰もが好きな焼肉ですが、さて焼肉という料理はどこから来たのか。
そもそも日本人はいつごろから肉を食べ始めたのか。
そういうところから始まりまして、焼肉という料理や焼肉屋の歴史を徹底的に調査した一冊です。
焼肉といえば朝鮮・韓国料理というイメージを持っている人も多いと思いますが、そもそも韓国には日本式の焼肉はないんですね。
カレーライスやトンカツなどの洋食と同じように、日本人が自分たちの口に合うようにアレンジされた料理です。
そもそも朝鮮の焼肉にはカルビくらいしかなかったとか。
日本のようにロースだなんだといろんな部位を焼き、つけダレで食べるというのは日本のオリジナルだそうで、これは例えばすき焼きに溶き卵をつけて食べるような習慣が焼肉においても定着したのだろうと。
川崎のコリアンタウンにある老舗の焼肉屋主人によると焼肉はやはりタレで食べるのが最高とのことで、塩で食べる人もいますがステーキならともかく焼肉に塩は合わないとのことです。
私もこれには賛成で、塩で食べるのが通みたいな風潮には反対したいですね。
タレで食べてこそ焼肉だろうと思います。
というわけで日本のタレ産業についてもページが割かれており、焼肉のタレといえばやはり「エバラ焼肉のたれ」と「モランボン ジャン」ですね。
これらのタレが出てきたときのことは私も印象に残っています。
家庭での焼肉の普及に大きく貢献したと思います。
焼肉屋では無煙ロースターの登場でしょう。
煙もうもうの中で食べるのもいいものですが、やはり服や髪に匂いが染み付くのを敬遠する人は多い。
この無煙ロースターのおかげで女性客や家族づれも増えました。
いやしかし、この本を読んでいたら無性に焼肉が食べたくなってきました。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする