2018年01月31日

1月の一冊

今月読んだのは以下の15冊です。

・「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」三上延
・「東京新大橋雨中図」杉本章子
・「梅干しを極める」都築佐美子
・「打ちのめされるようなすごい本」米原万理
・「侠飯2 ホット&スパイシー篇」福澤徹三
・「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」村瀬秀信
・「セレモニー黒真珠」宮木あや子
・「くすぶれ! モテない系」能町みね子
・「泥の河 蛍川 道頓堀川」宮本輝
・「喰らう読書術 一番おもしろい本の読み方」荒俣宏
・「日本焼肉物語」宮塚利雄
・「素数たちの孤独」パオロ・ジョルダーノ
・「ユニクロ帝国の光と影」横田増生
・「Love me more!」麻生ミカリ
・「軽井沢うまいもの暮らし」玉村豊男

「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」、だんだんと話も佳境に入ってきました。
それと共に本の紹介もしっかりしておられるのはさすが。
「東京新大橋雨中図」、主人公の魅力がいいですね。
じんわりと味わいのある小説でした。
「梅干しを極める」、漬物以上に手作りと無縁になってしまった梅干し。
日本の素晴らしい食文化を絶やさないようにしなければと思いました。
「打ちのめされるようなすごい本」、著者の遺作ともいえる書評集。
保存版な一冊です。
「侠飯2 ホット&スパイシー篇」、食と職の小説といえますか。
楽しく読めましたし、紹介されている料理を作ってみたりもしました。
「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」、チェーン店というと業務用冷凍食品だとか手作り感がないとかのマイナスイメージもありますけど。
でも気軽に使える勝手のよさがありますよね。
「セレモニー黒真珠」、葬儀屋を舞台にした小説。
しかし暗くはならずコメディーっぽいけどおちゃらけもせず、いいバランスでした。
「くすぶれ! モテない系」、狙ったんだけどちょっとハズしているという印象。
空回りしてます。
「泥の河 蛍川 道頓堀川」、ああ小説を読んでいるなぁという読み応えがありました。
殺人事件とかなんとかよりこういう小説がいい。
「喰らう読書術 一番おもしろい本の読み方」、なるほどとは思いました。
でも自分向きではなかったかな。
「日本焼肉物語」日本においての焼肉の歴史やその周辺を網羅した一冊。
焼肉にウンチクを語る人ならぜひ。
「素数たちの孤独」、傷を抱えて周りに馴染めない男子と女子。
・・・・のお話でした。
「ユニクロ帝国の光と影」、この著書の続編といいますか、実際に著者がユニクロにバイトとして潜入取材した本が去年出版されています。
そちらもぜひ読みたいと思っています。
「Love me more!」、会社の御曹司との恋愛、結婚。
女性の憧れなんですかね。
「軽井沢うまいもの暮らし」、軽井沢での自給自足的な生活。
憧れますが私には無理だなと。

さて、今月の一冊。
小説では「東京新大橋雨中図」、「セレモニー黒真珠」ですかね。
「東京新大橋雨中図」は直木賞に納得の出来でした。
「セレモニー黒真珠」は思いのほかよかったです。
続編を読みたいと思いました。
ノンフィクションでは「ユニクロ帝国の光と影」。
力作ですね。
興味深く読みました。
そんな中から迷いましたが、「東京新大橋雨中図」で。
今月の一冊はこれでいきましょう。

CIMG3168.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(1) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする