2018年02月08日

「日本全国 ソウルフードを食べにいく」飯窪敏彦

CIMG3199.JPG

裏表紙の紹介文を見ますと『地元では日常的に親しまれているのに、一歩その土地を離れるとなかなかお目にかかれない。だから帰郷したとき、いの一番に食べたくなる。それがソウルフード』とあります。
というわけで、この本では北海道から沖縄までのソウルフードがオールカラーで紹介されています。
北海道は帯広の豚丼は有名ですね。
もはや知名度は全国区です。
芦別のがたたんスープというのは初めて知りました。
東北は仙台の冷やし中華も有名。
発祥の地らしいです。
ただ冷やし中華自体は今やどこにでもありますけど。
関東では行田のゼリーフライというのが私も他の本で知って気になっていました。
ゼリーをフライに!? と思ってしまいますよね。
新潟のイタリアンも面白いですね。
焼きそばにトマトソースやクリームソースがかかっています。
大阪のビフカツサンド、私も大阪ですがこれはソウルフードというほどのものではないと思いますが。
でも大阪人は肉といえば牛肉ですし、確かに私も小さい頃からビフカツには馴染んでました。
鹿児島の白熊はいかにもその土地ならではという気がします。
そんな呼び方ほかの地方ではまずないでしょう。
沖縄の沖縄そばはまさしくですね。
どれも決して上等な食べ物ではありませんが、でもこういうのこそが日常に馴染んでいていいんですよね。
まさしくソウルフード。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする