2018年03月26日

「被差別部落の青春」角岡伸彦

CIMG3239.JPG

部落差別というのは現在(この本の出版は単行本1999年、文庫本2003年)どのような状況にあるのか。
いまだに厳しく残っているという人もいれば、そんなの気にしたこともないという人もいます。
この本の著者は部落の出身です。
しかし部落差別というものを直接的に経験したことがないといい、また両親もそのようなことはなかったといいます。
はたして他の部落の人たちはどうなのか。
著者はいろんな部落を訪ね、インタビューを試みます・・・・。
この本を読みますといわゆる部落という土地に住む人でも、若い人はほとんど意識しておられないようですね。
親から自分の住む地域の事情を聞かされ、「おまえは部落民なんだ」と聞かされても、「あっ、そう」というような反応です。
実際にそのようなことで差別を受けたことがないからです。
つまりそのような意識を持つ人が少なくなってきたということなんでしょうね。
だからといって皆無というわけではありません。
結婚ということになって相手の出身を調べる人というのはやはりいるようです。
当事者の二人はよくてもそれぞれの親や親戚が口をはさんで反対してくる。
部落民が身内になるということに抵抗を示す人たちがいるのです。
この本の中でもそれで結婚を断念せざるをえなかった人や、そのような反対を押し切って結婚した人たちも紹介されています。
少しずつではありますが、部落差別というのは薄くなってきているようです。
そして「で、なにが悪いの?」という若い当事者たちのいい意味での開き直り。
完全に人々の意識からなくなることはまだ遠い先のことかもしれませんが、いわれのない差別はなくしていきたいものですね。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする