2018年03月30日

3月の一冊

今月は14冊読みました。

・「染彩」芝木好子
・「美人論」井上章一
・「おいしい店とのつきあい方」サカキシンイチロウ
・「空の剣 男谷精一郎の孤独」高橋三千綱
・「爪と目」藤野可織
・「知識的大衆諸君、これもマンガだ」関川夏央
・「R62号の発明・鉛の卵」安部公房
・「スイートデビル・キス」七福さゆり
・「春夏秋冬 料理王国」北大路魯山人
・「ガリバー・パニック」楡周平
・「日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る」マイク・モラスキー
・「アニバーサリー」窪美澄
・「被差別部落の青春」角岡伸彦
・「デッドボール」木内一裕

「染彩」、タイトルの通り染彩を扱った作品。
こういう内容はさすがに芝木好子ですね。
「美人論」、真正面から美人を取り上げた一冊。
なかなか女性の美醜については大きな声で語れませんからねぇ。
「おいしい店とのつきあい方」、レストランで楽しむコツが書かれています。
まあもっともではあるなという内容。
「空の剣 男谷精一郎の孤独」、実在した剣豪男谷精一郎の少年時代が描かれています。
青春時代小説ですね。
「爪と目」、ちょっと怖いサスペンス風小説。
でも主人公が子供というところに無理がある気が。
「知識的大衆諸君、これもマンガだ」、マンガを毛嫌いする人たちに向けて書かれた書評といいますか。
いまやマンガは日本の大きな文化ですからね。
「R62号の発明・鉛の卵」、SF短編集ですかね。
私は最後の「鉛の卵」がよかったです。
「スイートデビル・キス」、血のつながらない姉弟の恋愛小説。
ちょっとエッチなラブコメです。
「春夏秋冬 料理王国」、美食家で芸術家、北大路魯山人の食随筆。
意外と自ら食について書いた著作はこれだけのようで。
「ガリバー・パニック」、100メートルもの巨人が突如現れたらどうなるか。
なかなかシニカルなエンターテイメントでした。
「日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る」、アメリカ人の著者による日本の文化「赤提灯」の考察。
日本人以上によく理解しておられます。
「アニバーサリー」、東日本大震災をきっかけに3世代の女性たちの生き方や考え方が描かれています。
彼女たちにとってアニバーサリーとは。
「被差別部落の青春」、部落に生まれ育った人たちはどのように考え、日々生活しているのか。
部落出身の著者だからこそ書けた内容かもしれません。
「デッドボール」、背に腹は代えられず1000万円のために誘拐の手伝いをすることになった主人公。
しかし思わぬ展開に・・・・。

今月はけっこう粒ぞろいな印象でした。
どれもけっこう楽しめた。
最初に読んだ「染彩」か最後に読んだ「デッドボール」か。
最近に読んで印象が残っているせいか、やはり「デッドボール」でしょうか。
今月の一冊はこれで。

CIMG3240.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする