2018年04月09日

「世界中で食べてみた危険な食事」谷本真由美@May_Roma

CIMG3245.JPG

著者が世界を旅して食べてきたいろんな料理。
もちろんタイトルからしてグルメなどとは程遠い“危険な食事”です。
例えばまずは中国。
鶏の残骸が地べたに置いた5年前に洗ったかのようなまな板の上で原色をとどめていない中華包丁に切り刻まれ、串にさされてコンロで火あぶり。
タマリンドが腐ったような微妙な匂いのそれを食べ、夜中に滝ゲロ滝ゲリで病院へ。(笑)
ドイツではヘビーメタルの祭りに出かけ、屋台では肉とパンしかない。
ようやく探し当てたインドネシアなんとかの屋台で食べたナシゴレン。
糸をひいていました。
簡易トイレを占領してしまったそうです。(笑)
まあしかしようやるわと。
私も海外に行ったならその土地の料理を食べるべしという主義ですが、さすがにお腹に怪しい料理は避けます。
外国で旅行中に病気になったら大変ですもんね。
著者の場合敢えて自ら飛び込んでいってるわけで自業自得なんですが、その根性たるや素晴らしい。
あっぱれです。
ただ読む前はもっとしっかりとその国々の食文化に触れておられるかと思っていたんですよね。
その国の歴史ある食文化だけど、他国人からしたら危険に思える食事かなと。
例えば日本のフグ料理なんてそうですよね。
猛毒を持つフグを料理して食べる。
外国人からすれば日本の食文化というのはなんとクレイジーなのか、みたいな。
ですがそうではありませんでした。
ただ単に衛生上問題のある料理を食べてお腹こわしてみたいな。
まあ笑えますけどね。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

「君の膵臓をたべたい」住野よる

CIMG3244.JPG

病院のロビーの隅のソファに置き去りにされていた1冊の本。
僕が手に取ってみると、『共病文庫』と表紙に書かれたその本は手書きの闘病日記でした。
持ち主はクラスメートの山内桜良。
その日記には彼女は膵臓の病気に冒されており、あと数年で死んでしまうと書かれていました。
それをきっかけに僕と桜良の友達のような恋人のような付き合いが始まります・・・・。
タイトルはちょっとおどろおどろしいですよね。
ホラーやミステリーならともかく、青春小説のタイトルとしてはあまりふさわしくない。
ですが、最後まで読むとこの言葉に込められた思いがひしひしと伝わります。
二人の関係がいいですね。
友達以上恋人未満、でもしっかりと心では繋がっているような。
桜良の無邪気に振る舞う健気さがいいし、無理に距離を詰めようとしない(できない)僕とのバランスがいい。
なので変にベタついた恋愛話にはなっていません。
なるほど最後までこの距離感を保つ恋愛小説もありなのかと。
悲しいけれど爽やかな感動のあるいい作品でした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『す』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

「三世相 並木拍子郎種取帳」松井今朝子

CIMG3243.JPG

シリーズ第3弾です。
5編収録で表題作は「三世相」。
貧乏な町民にも親切だった医者、良庵が殺されます。
その前に拍子郎は人気の占い師、徳満卜泉のもとで良庵の女房を見かけています。
さて、良庵夫婦ににいったいどのような事情があったのか。
拍子郎がいつものように首を突っ込むことになるのですが・・・・。
今も昔も女性というのは占いが好きなんですね。
本作でもおあさが占いを気にしたりして。
で、なぜかわかりませんが人気の占い師というのはもてはやされたりするんですよね。
今もそうですが、昔はもっと高い扱いを受けていたと思えます。
しかしそんな地位を利用してよからぬことを企む輩もまたいるようで。
ですが人気の占い師だからといって、はたして人間としてどうなんでしょうか。
それはまた別の話ですよね。
私は表題作よりも最初の「短い春」なんかよかったように思います。
タイトルがまさにそのまんまという感じで、読み終わってじわっときます。
人殺しなんて出てきません。
なんでもかんでも殺人事件で話を作るのはもううんざり。
それを求める読者も悪いと思うんですけどね。
なんたら殺人事件なんて人を殺す話でないと満足しない。
そんな話の何がいいんだか。
ま、表題作はまさにそれなんですけども。
最後の「旅芝居」なんてのも勘当された若旦那の人物を味わい深く描いています。
やはり私は殺人事件よりもこういう話のほうが好きです。
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

「ヘタウマな愛」蛭子能収

CIMG3242.JPG

漫画家で現在はタレントでもある蛭子能収のエッセイです。
亡くなった前妻への思いが綴られています。
地元長崎の高校を卒業して看板屋に就職。
その頃よく行く画材屋さんにいたのが奥さんとなる人でした。
蛭子さんは上京し、1年後東京で再会。
同棲を経て結婚。
その後、漫画家デビューや芸能界デビュー、賭け麻雀で逮捕などいろんなことがありましたが、ずっと傍で支えてくれたのが奥さんでした・・・・。
そんな愛しい奥さんを亡くしてしまうんですね。
いかに自分は女房を愛していたかということがひたすら繰り返し綴られています。
奥さんが初めての女性であり、浮気もしたことがなし。
読んでいますと実に素朴といいますか、芸能人夫婦にありがちな派手なイメージはまったくありません。
生まれ変わっても女房と一緒になりたいとも書いておられます。
しかしそれほど愛していた奥さんを亡くして寂しいがゆえに、その寂しさに耐えられないがゆえに、再婚したいと。
これもまた正直な思いでしょう。
蛭子さんらしいなと。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

「買えない味2 はっとする味」平松洋子

CIMG3241.JPG

「買えない味」の続編です。
単行本時のタイトルは「鰻にでもする?」だったようで。
その「鰻にでもする?」の章で表題作ともいえるのが「鰻」です。
鰻についての思い出や思い入れを語っておられます。
昔、老作家の宅に原稿を取りにいったとき。
「食べていきなさい」と応接間で鰻重をいただいたとか。
子供のころ母親が「暑いから今日は鰻にでもする?」という言い回しに万感の思いがあったとか。
そうですね、食べ物で昔のワンシーンが鮮やかに甦ることがあります。
「はっとする味」の章では最初にパセリが取り上げられています。
最近料理にパセリが添えられることがめっきり少なくなりました。
昔はお造りには“毒消し”としてパセリが付きものだったんですけどね。
洋食にもキャベツやレモンなんかとともによく添えられていました。
私は好きで添えられていれば必ず食べますが、残す人も多い。
というか、残す人のほうが多い。
なので見かけなくなってしまったのでしょうか。
著者はときおり狂ったように大量のパセリを噛みしめたくなると書いておられます。
うんうん、あのモシャモシャ感、咀嚼していくにしたがって口中に散らばる粗雑感。(笑)
ほのかな苦み、甘味、旨味。
いいですね。
ミントの項では、葉を鼻の穴に詰めると実に爽快だとか。
料理ではミントのピラフなんてのも紹介されています。
どちらもちょっと試してみたいですね。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ひ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする