2018年04月09日

「世界中で食べてみた危険な食事」谷本真由美@May_Roma

CIMG3245.JPG

著者が世界を旅して食べてきたいろんな料理。
もちろんタイトルからしてグルメなどとは程遠い“危険な食事”です。
例えばまずは中国。
鶏の残骸が地べたに置いた5年前に洗ったかのようなまな板の上で原色をとどめていない中華包丁に切り刻まれ、串にさされてコンロで火あぶり。
タマリンドが腐ったような微妙な匂いのそれを食べ、夜中に滝ゲロ滝ゲリで病院へ。(笑)
ドイツではヘビーメタルの祭りに出かけ、屋台では肉とパンしかない。
ようやく探し当てたインドネシアなんとかの屋台で食べたナシゴレン。
糸をひいていました。
簡易トイレを占領してしまったそうです。(笑)
まあしかしようやるわと。
私も海外に行ったならその土地の料理を食べるべしという主義ですが、さすがにお腹に怪しい料理は避けます。
外国で旅行中に病気になったら大変ですもんね。
著者の場合敢えて自ら飛び込んでいってるわけで自業自得なんですが、その根性たるや素晴らしい。
あっぱれです。
ただ読む前はもっとしっかりとその国々の食文化に触れておられるかと思っていたんですよね。
その国の歴史ある食文化だけど、他国人からしたら危険に思える食事かなと。
例えば日本のフグ料理なんてそうですよね。
猛毒を持つフグを料理して食べる。
外国人からすれば日本の食文化というのはなんとクレイジーなのか、みたいな。
ですがそうではありませんでした。
ただ単に衛生上問題のある料理を食べてお腹こわしてみたいな。
まあ笑えますけどね。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする