2018年04月13日

「「面白半分」の作家たち 70年代元祖サブカル雑誌の日々」佐藤嘉尚

CIMG3247.JPG

「面白半分」というサブカル雑誌があったそうです。
昭和46年から55年まで。
残念ながら私は知りませんでした。
この雑誌は原則として半年交代で編集長を代えるのが特徴で、吉行淳之介、野坂昭如開高健、五木寛之、藤本義一、金子光晴、井上ひさし、遠藤周作、田辺聖子、筒井康隆半村良、田村隆一といった、錚々たる人たちが編集長を務められたそうです。
著者はそんな雑誌の発行人。
約10年、様々な個性ある人たちを編集長に迎え、雑誌を作ってきた記録です。
メインで登場するのは吉行淳之介。
それほどこの雑誌に大きくかかわり、また著者にとっても大きな存在だったのでしょう。
『わいせつ裁判』についても頁を割いておられます。
「面白半分」に掲載された永井荷風「四畳半襖の下張」がわいせつかどうかと。
話題になりましたねぇ。
その他、なんやかんやと個性的な編集長たちと仕事をした楽しさ、苦労などが描かれています。
このような雑誌、今もあるのかなぁ。
あったとしてもこれほどの作家を迎えることなんてなかなかできないでしょうしね。
やはり時代でしょうか。
この時代だからできた企画かもしれません。
サブタイトルに「元祖サブカル雑誌」という言葉があります。
70年代の文壇やサブカルを知るいい資料ではないでしょうか。
ラベル:書評・作家
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする