2018年04月17日

「海に沈む太陽(上・下)」梁石日

CIMG3250.JPG
CIMG3251.JPG

曾我輝雅は妾の子です。
そのせいで学校でもいじめられたりしています。
船乗りに憧れ、16歳のとき家出をして念願の船乗りとなります。
乗り込んだ船はLST。
ランディング・シップ・タンクの略で、アメリカの軍需物資を運ぶ船です。
釜山、沖縄、台湾、フィリビン、ベトナムなどをいったりきたりしました。
ベトナムでは米兵の遺体に囲まれ、迫撃砲にさらされ、死にかけたこともあります。
やがて船を降りた輝雅は道頓堀を根城にし、カツアゲから始まり、宝石や腕時計などの密輸品を扱うようになります。
しかしいつまでもそんなことをしていられません。
輝雅は好きな絵を生かし、デザイン事務所に就職します。
そしてイラストレーターになるという夢を抱き、ニューヨークへ。
輝雅の夢は叶うのか・・・・。
イラストレーター黒田征太郎の半生を描いた小説とのことです。
ノンフィクションではなくあくまでフィクションなので、書かれていることのどこまでが本当のことなのかはわかりません。
しかしまとまりのない作品ですね。(笑)
船乗りになったり大阪で裏の商売をしてみたり、かと思ったらイラストレーターを目指してニューヨークに行ってみたり。
まとまりもなにも実際の経歴を基にしているのだからしょうがないとか、波乱万丈の半生という言い方もできるわけですが。
じゃあラストはどのように収束させているのかといえば、なんじゃそりゃといったような肩透かしなラストです。
ふりだしに戻ってるじゃないですか。
なんのために長々と書いてきたのかと。(笑)
この作者は短編よりもやはり長編ですが、どうも構成に難があるように思います。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:44| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする