2018年05月03日

「給食のおにいさん 進級」遠藤彩見

CIMG3262.JPG

元レストランのシェフだった佐々目宗。
勤めていた店と揉めて辞め、その後何軒も渡り歩くが長続きせず、それならと自分で店を開くも火事で喪失。
現在は小学校で臨時給食調理員として働いています。
最初は学校給食というものを小馬鹿にしていた佐々目ですが、少しずつ考え方も変わりやりがいを感じてきた昨今です。
そんな日々の中、保護者に給食を食べてもらう『給食試食会』に出席した佐々目。
給食時に落ち着いて食事をしようとしない子供たち、そんなマナーの悪さをまったくなんとも思っていない保護者たちという現状を目の当たりにし、佐々目は保護者たちにキレてしまいます。
正論を言って何が悪いと言う佐々目に対し、責任者の毛利は保護者たちに謝れと言います。
「よくそれで、自分の店を出したいなんて言いましたね」と嫌味も。
食事のマナー、給食を利用した陰湿ないじめ、頑なに給食を食べようとしない子供。
学校でのいろんな問題に直面しつつ、自身の料理人としての現状についても焦りを感じる佐々目ですが・・・・。
シリーズ第2弾です。
前作からさほど大きな動きはありませんが、佐々目の給食調理員としての成長(?)や、子供たちとのコミュニケーション、しかしこんなことをしていたら再びシェフとして復活することができないのではないかという焦燥感がじわりと描かれています。
元彼女がマスコミにも登場するスターシェフという設定も脇を固めていますね。
今後佐々目は給食のおにいさんを続けていくのか、もう一度シェフへの道に進むのか。
そのあたりの葛藤が学校でのエピソードを絡めつつどのように描かれていくのかということですが、まだまだシリーズは続きます。
楽しみに読ませていただきましょう。
ラベル:小説 グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする