2018年05月17日

「きらめくジャンクフード」野中柊

CIMG3272.JPG

作家によるジャンクフードを題材にした食エッセイ。
ですが、必ずしも一般的にいわれているジャンクフードだけではありません。
著者もあとがきで書いておられますけども、「これもジャンクフード?」と首をかしげる人もいるだろうと。
例えば、トムヤムクン、おにぎり、たまご焼き、おせち料理・・・・。
たしかにそれらをジャンクフードというのはどうなのよと。
おせち料理なんか特に。
でも著者がこの本でいうジャンクフードとは、色とりどりの雑多な楽しいもの、といったイメージとのこと。
まあ楽しいということでいえば堅苦しい料理よりもこの本で取り上げられているような食べ物ということになるでしょうね。
アイスクリーム、サンドイッチ、クラムチャウダー、オムライス、コロッケ、シーザーサラダ、かき氷、おでん・・・・。
身近な食べ物ばかりです。
そして誰もがそれぞれにエピソードや思い出を持っているような。
美食の本もいいですが、やはりこのようなのが普段着感覚で馴染めます。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『の』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする