2018年05月23日

「廃疾かかえて」西村賢太

CIMG3275.JPG

短編3編収録。
どれもお馴染みの北町貫多が主人公です。
そしてパターンはいつもながら同じなんですけどね。
女と同棲している貫多。
短気で暴力的で自分勝手で貧乏で小心者。
同棲している秋恵が貫多と知り合う前に友人に貸したお金について、グジグジとこだわり絡み続ける表題作。
自分は没後弟子だと自認する尊敬する作家藤澤清造の希少雑誌を古書即売展の目録に発見し、金もないのに岐阜に行って購入を決意する貫多。
店主に土下座までしたものの、購入できる手応えを感じられませんでした。
女に当たり散らす貫多ですが、しかし帰宅して古書店から当選のファックスが届いたとたん上機嫌になります。
呆れてものも言えない女は、3か月後パート先で知り合った男の所へ逃げ去ります。(瘡瘢旅行)
秋恵の祖母が具合が悪くなり入院することになったと実家から連絡があります。
心配なので実家に帰るという秋恵に貫多はたかがそれくらいでといい顔をしません。
そんな薄情な貫多に腹を立てる秋恵。
自分がいない間の生活費としてキャッシュカードを貫多に渡しとにかく実家に帰った秋恵ですが、これ幸いと貫多はそのお金で飲み歩くわストリップに行くわ風俗に行くわと使い果たします。
その間に秋恵の祖母は危篤となり、そして亡くなってしまいます。
遊び惚けて連絡も取れなかった貫多に怒る秋恵。
いったん逆ギレしたものの機嫌を取る貫多の頭の中には、ストリップ嬢が身につけていた金色ビキニのコスチュームを秋恵に穿いてもらうことしか頭にないのでした。(膿汁の流れ)
最低な男ですね。(笑)
毎回毎回このワンパターンではあるのですが、面白くて読んでしまいます。
ろくでなしもここまでくるとあっぱれと言えましょう。
さすがにもうちょっと別の話が読みたい気もするのですが。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『に』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする