2018年05月29日

「トッカン the 3rd おばけなんてないさ」高殿円

CIMG3278.JPG

グー子こと鈴宮深樹は特別国税徴収官付きの26歳。
上官の鏡雅愛との関係にも慣れ、少しは成長してきたかなと思う今日この頃。
そんなグー子が運送会社の脱税のため、栃木に出張することになります。
しかも一人で。
それと同時に霊感商法法人の脱税の件も抱え、大忙しです。
どちらも複雑な事情があり、巧妙に脱税しています。
特に霊感商法のほうは意外な事件に巻き込まれることになり・・・・。
シリーズ第3弾。
今回は運送会社と霊感商法、この二つの話がメインなのですが、もうひとつ町の小さな酒屋の話もあります。
この話を読みますと、止むに止まれぬ事情があったりもするわけです。
ちょっと辛くて悲しい。
だからといって許されるわけでもないんですけど。
そして今回は鏡のプライベートについても触れられています。
鏡はおばけの出る問題物件のマンションに住んでいるのですが、それがサブタイトルに繋がっているんですね。
なぜ鏡はそのような物件にわざわざ住んでいるのか。
たしかに家賃は安いのですが。
いつもクールな鏡ですが、ちょっとほろっとさせられましたね。
面白いシリーズです。
ぜひ次作も読みたいと思います。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする