2018年05月31日

5月の一冊

今月読んだのは以下の15冊です。

・「がんがん焼肉もりもりホルモン」今柊二
・「給食のおにいさん 進級」遠藤彩見
・「涼宮ハルヒの動揺」谷川流
・「阿川佐和子のアハハのハ この人に会いたい2」阿川佐和子
・「舟を編む」三浦しをん
・「味をつくる人たちの歌」牧羊子
・「おそめ 伝説の銀座マダム」石井妙子
・「ロリータ」ナボコフ
・「きらめくジャンクフード」野中柊
・「初恋ノスタルジア」小日向江麻
・「飛田の子 遊郭の街に働く女たちの人生」杉坂圭介
・「廃疾かかえて」西村賢太
・「「噂の眞相」イズム 反権力スキャンダリズムの思想と行動」岡留安則
・「私が食べた 朝食365日」西川治
・「トッカン the 3rd おばけなんてないさ」高殿円

「がんがん焼肉もりもりホルモン」、焼肉やホルモンを庶民の料理として扱っているのがいいですね。
高級店なんて出てきません。
「給食のおにいさん 進級」、シリーズ第2弾です。
じわりじわりと話が進んでいます。
「涼宮ハルヒの動揺」、寄せ集め的な短編集ということもあり、ちょっと粗雑な印象。
そろそろダレてきたか。
「阿川佐和子のアハハのハ この人に会いたい2」、対談集ですが、もう20年以上前の内容です。
なのでもちろん古いのですが、そぶん貴重な内容ともいえます。
「舟を編む」、辞書の編集というレアなモチーフの小説です。
キャラの魅力もあり面白かった。
「味をつくる人たちの歌」、食エッセイです。
文体が好きになれず、内容も特筆すべきことはありません。
「おそめ 伝説の銀座マダム」、伝説の銀座マダムの半生を描いたノンフィクション。
渾身の一冊ですね。
「ロリータ」、ロリコンの語源にもなった古典(?)小説です。
非常に退屈でしたが。
「きらめくジャンクフード」、作家による食エッセイ。
子供時代を思い起こさせるようなノスタルジックな雰囲気があります。
「初恋ノスタルジア」、女性向けのちょっとエッチな恋愛小説。
でも無難に読めました。
「飛田の子 遊郭の街に働く女たちの人生」、規模としても最後の遊郭といってもいい大阪飛田新地。
そこに生きる経営者、働く女性の生々しいノンフィクションです。
「廃疾かかえて」、いつもながらの北町貫多。
西村節が冴えます。
「「噂の眞相」イズム 反権力スキャンダリズムの思想と行動」、噂の眞相の元発行編集人による著書。
さすがに波乱万丈です。
「私が食べた 朝食365日」、毎日の朝食記録をメインとした日記。
なので食エッセイとしてはちょっと面白さに欠けますが、このような食エッセイも貴重でしょう。
「トッカン the 3rd おばけなんてないさ」、今回はちょっと鏡特官の顔が知れた内容でしたかね。
いいシリーズだと思います。

てなわけで今月の一冊なんですが。
んー、いいのが何冊かありました。
絞って「舟を編む」と「おそめ 伝説の銀座マダム」ですかね。
「舟を編む」は映画化もされたようですしメジャーです。
多数の人たちが知っておられるでしょう。
なので「おそめ 伝説の銀座マダム」を今月は推したい。
多くの人に知ってもらいたいから。
ということで今月の一冊は「おそめ 伝説の銀座マダム」に決定。

CIMG3270.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする