2018年06月12日

「うなぎでワインが飲めますか? そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術」田崎真也

CIMG3285.JPG

本屋に行けばワインの入門書のようなのは多数ありますが、たいがいどれもこれも同じような内容なんですよね。
産地がどうとかぶどうの種類がどう、ラベルの読み方、白と赤の違い、そしてワインの紹介。
何十年も変わりません。
もちろん知らないよりは知っているほうがより楽しめるわけですが、しかしこんなので入門しようとするとごく普通に楽しみたいだけの人は挫折するのです。
もしくはその逆に頭でっかちのウンチク垂れになるのです。
そんな中にあって著者は昔からワインをもっと身近な飲み物として楽しもうと提案し続けてきました。
普段のおかずでワインを飲んでいいじゃないか、普通のコップや湯飲みで飲んでもいいじゃないかと。
タイトルの「うなぎでワインが飲めますか?」というのは、そんな著者の提案でもあり皮肉を込めた挑発でもあります。
でもいまだに和食にワインは合わないなんて人がいるんですよね。
私はうなぎには喜んでワインを合わせますし、お好み焼きやたこ焼きなんてのも赤ワインにばっちりです。
もちろん寿司や刺身でもぜんぜん平気。
焼き鳥、餃子、すべてワインでいきます。
だって家で楽しむのですからフレンチやイタリアンな料理ばかり食べてられません。
醤油にワインは合わないなんてことをいまだに大真面目に言う人がいますけども、まあそういう人は理屈でワインに入った人たちでしょうね。
ということでこの本ではサブタイトルにもあるように、そば、てんぷら、チョコレート、ふぐ、松茸などいろんな料理と合わせるコツを紹介しておられます。
私などはそれさえもウザいウンチクに思えますけどね。
ビールや日本酒を飲むときにそこまで神経質になる人なんていません。
なぜワインだけ皆身構えて難しいことを言いたがるのか。
好きな料理を食べて好きなワインを飲めばそれでよし。
白だの赤だのシャルドネだのカベルネソーヴィニヨンだのどうでもいいじゃないですか。
ま、それらがワインの楽しさであり、わかってくると非常に面白くなる世界ではありますが。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする