2018年06月18日

大阪の地震にて

CIMG3290.JPG

本日大阪で地震がありました。
震度6なんて前代未聞です。
地震時は外出していたんですけどね。
帰宅してみますとやっぱりまあ。
普段の整理が悪いと言えばそうなのですが。
もう片付ける気力を失いました・・・・。
posted by たろちゃん at 14:53| Comment(1) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「花散里」円地文子

CIMG3288.JPG

俳人の立川喜和、実業家の朝吹頼子、舞踏家の鹿野艶子。
そろそろ老齢に差し掛かろうという三人の女性。
それぞれの生き様、恋愛を描いています。
頼子は息子の家庭教師をしている大学生に惹かれています。
艶子は舞踏をやっていましたがパトロンができてから現役を引退しました。
そのパトロンの息子を養子にするべく預かるのですが、息子も艶子も男女としてお互いを見てしまいます。
喜和がいちばんニュートラルな存在ですね。
既婚者であり、不倫な恋愛はしません。
基本的な視点は喜和に置かれています。
なので頼子と艶子の恋愛といいますか性愛といいますか、それが強調されるのですね。
作者は決してその二人の女性を批判していません。
というか、平凡ともいえる喜和の視線を通して、むしろもっと自由に恋愛するべしと主張しているかのように思えます。
それは二人の生き様を見た喜和の思いにも表れています。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする