2018年07月16日

「チア男子!!」朝井リョウ

CIMG3306.JPG

晴希は大学1年生。
家が柔道の道場をしているので子供の頃から柔道をし、大学でも柔道部です。
しかし才能のある姉と比べて自分の限界を知り、また怪我をしたこともあって柔道を辞めます。
同じく柔道をしていた幼馴染みの一馬もそれに合わせたかのように柔道を辞め、一馬に誘われ他の学校にもない男子だけのチアリーディング部を作ることになります。
個性のあるメンバーが集まってくるのですが、皆未経験者ばかり。
しかし目標は全国選手権・・・・。
まずチアリーディングというモチーフがいいですし、しかも男子だけのチームというのがいい。
パターンとしては素人の集まりが努力して段々と成長していくというステレオタイプではあります。
しかし柔道だの野球だのというありふれたスポーツではなく、チアリーディングというのがミソなんですね。
あまり詳しく知られていない世界ですから、読んでいてとても新鮮でした。
まずは学園祭でのデビュー。
そして地方予選、全国大会。
友情、努力、勝利、というテーマが盛り込まれ、まるで少年ジャンプのようですが。(笑)
でも素直に感動しました。
ちなみにモデルとなったのは作者の母校である早稲田大学に実在する『SHOCKERS』という男子チアリーディング部だそうです。
ネットで動画を観ましたが、いやあ、なかなか。
もっと注目されていいスポーツだと思います。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする