2018年08月21日

「匂いのエロティシズム」鈴木隆

CIMG3325.JPG

嗅覚は視覚、聴覚、味覚などに比べて、論じられたり教育されたりすることは少ないといわれています。
なるほど視覚なら絵画、聴覚なら音楽、味覚なら料理、それぞれ芸術として立派な1ジャンルですよね。
ところが嗅覚にはそれらしきものがない。
日本には香道というものがありますが、あまり知られておらず一般的ではないですね。
そんな匂い(嗅覚)について、タイトルにもあるようにエロティシズムという観点から論じたのがこの本です。
体臭というのは本来その人の個性なわけですが、最近ではそれが嫌われ抑えられる傾向にあります。
デオドラント商品などがそれですね。
だからといって匂いは必要ないのかといえばそんなことはなく、体臭を消して香水をつけたりしている。
面白い傾向です。
動物でいえば匂いはセックスアピールです。
発情期になると匂いで異性を惹きつけたりします。
しかし人間はその匂いを消してしまっている。
動物から離れるほどに人間は匂いを消してしまうようになりました。
ですがそれを取り戻すかのように異性を惹きつける媚薬だのフェロモン入り香水だのをせっせと開発していたりします。
矛盾した面白い現象です。
動物にとっては生殖のための本能である匂いが、人間にとっては意識を伴うエロスに移り変わったと。
匂いにエロティシズムを感じるのは間違いなく、ただどのような匂いにそれを感じるかは人それぞれ。
もしかしたら視覚や聴覚よりも根本的なところに訴えかけてくる感覚かもしれません。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『す』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする