2018年08月23日

「水原勇気1勝3敗12S 「超」完全版」豊福きこう

CIMG3326.JPG

初の女性プロ野球投手、東京メッツ水原勇気。
もちろんマンガの話ですが。
水島新司の「野球狂の詩」のキャラクターです。
この作品、誰が主人公というわけではなく、50歳を過ぎたヨレヨレの投手である岩田鉄五郎を始めとした登場人物たちがすべて主人公といいますか。
そのあたり主人公が明確な他の野球マンガと違います。
水原勇気が主人公と思われがちなのですが、実は水原が登場するのはシリーズでも後のほうなんですよね。
アニメや映画では彼女が主人公として描かれていますが。
だからといいますか意外といいますか、そんな水原の生涯成績は1勝3敗12セーブであったと。
他の野球マンガの主人公でこの成績はあり得ないです。
そのようなことをデータをひたすら分析して解明しておられるんですね。
お疲れさまでした。(笑)
この本が出たあとに「ドカベン」の山田太郎とも対決しているようですが。
さて、この本のタイトルは水原勇気なのですが、彼女について書かれているのはわずかで、「巨人の星」の星飛雄馬と「侍ジャイアンツ」の番場蛮の比較だとか、「すすめ!!パイレーツ」、「アストロ球団」、「キャプテン」といった作品の分析がメインです。
取材して公表しておられるデータを見ますと相当な苦労が偲ばれます。
しかし私は野球にはまったく興味がなく(笑)、それらを示した表はすべてスルーさせていただきましたが。
すみません。
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『と』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする