2018年08月31日

8月の一冊

今月の読書は15冊でした。

・「食堂つばめ3 駄菓子屋の味」矢崎存美
・「サザエさんの東京物語」長谷川洋子
・「日本の朝ごはん」向笠千恵子
・「流」東山彰良
・「キネマの神様」原田マハ
・「空に唄う」白岩玄
・「解体新書ネオ」永井明
・「鍵のない夢を見る」辻村深月
・「パイプのけむり選集 食」團伊玖磨
・「杳子・妻隠」古井由吉
・「匂いのエロティシズム」鈴木隆
・「水原勇気1勝3敗12S 「超」完全版」豊福きこう
・「恥辱」J・M・クッツェー
・「いかめしの丸かじり」東海林さだお
・「アンダーマイスキン」山内詠

「食堂つばめ3 駄菓子屋の味」、シリーズ3作目なんですが。
すでにダレダレです。
「サザエさんの東京物語」、サザエさん原作者長谷川町子氏の妹さんが著者。
サザエさん人気に便乗か。
「日本の朝ごはん」、昔ながらの日本の朝ごはんの風景が失われつつある昨今。
ぜひ取り戻したいものです。
「流」、台湾を舞台にした直木賞受賞作。
はて、なぜこれが直木賞なのか。
「キネマの神様」、映画をモチーフにした小説です。
ある意味ファンタジーですね。
「空に唄う」、「野ブタ。をプロデュース」の作者による2作目。
私はとてもいいと思いました。
「解体新書ネオ」、元医師が体の各パーツについて書いたエッセイ。
まさしく新しい解体新書?
「鍵のない夢を見る」、ちょっと勘違いしているような女性たちを主人公にした短編集。
直木賞受賞にしては軽いのでは。
「パイプのけむり選集 食」、作曲家でありエッセイストでもあった著者。
まあそれなりの食エッセイです。
「杳子・妻隠」、ちょっとシュールで不穏な雰囲気の小説2編。
閉鎖されたような雰囲気の世界観がいい。
「匂いのエロティシズム」、匂いってもしかしたら視覚より聴覚よりエロティックかもしれませんね。
記憶も鮮やかに甦ったりします。
「水原勇気1勝3敗12S 「超」完全版」、意外と野球マンガの主人公の成績って知らなかったりしますよね。
現実と違って興味はそこにはないわけですが。
「恥辱」、翻訳物としては非常に読みやすくわかりやすい作品でした。
そのぶん軽い気もしましたが。
「いかめしの丸かじり」、いつもながらのテンションですね。
出来不出来はあるものの感心します。
「アンダーマイスキン」、OLと課長のちょっとエッチなストーリー。
女性向けのシリーズでガーターストッキングというパーツに目をつけたのが面白い。

では今月の一冊を。
けっこうどれも無難に楽しめたように思います。
その中では「空に唄う」が思いのほかよかったです。
売り上げはどうか知りませんけども、作品的には決して一発屋ではなかったんだなと。
今後も追いかけてみたいと思いました。
というわけで今月の一冊は「空に唄う」で。

CIMG3319.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする