2018年09月10日

「キッチンが走る! フランス・イタリア料理篇」NHK「キッチンが走る」制作班[編]

CIMG3334_LI.jpg

NHKの人気番組(?)の書籍化です。
キッチン付きのワゴンでタレントの杉浦太陽と料理人が各地を巡り、その土地の素材で料理を作るという内容の番組です。
私はほとんどテレビは観ないのでこのような番組があるのは知らなかったのですが。
いい企画ですね。
スタジオではなく直接現地で生産者と飛び込み(?)で知り合い、その土地ならではの未知の素材と出会い、刺激された料理人がその素材を存分に活かした料理を作る。
そして生産者たちに自分たちが作った素材がこのような料理になりましたよと食べていただく。
さすがの名シェフの料理に生産者も感動されたようです。
当然そこには人のつながりというものが発生します。
登場するシェフはフランス・イタリア料理篇ということで、三國清三坂井宏行、小枝絵麻、神保佳永、工藤敏之、佐志原佑樹の各氏。
しかしさすがに名のあるプロの料理人ですね。
その土地を訪問し、初めて出会う素材をきっちりと料理に仕上げておられる。
しかも生産者たちを唸らせておられるのですからたいしたものです。
それらを描写する文章が想いを伝えようとし過ぎてちょっとキモかったりもするのですが、まあそれもやはりNHKなのかなと。(笑)
いや、実に丁寧なんですよ。
残念ながら現在はもうこの番組はやっておられないようですね。
日本も豊かになりましてグルメだなんだと食について語る人が多くなりました。
そのような本や番組も。
だからこそといいますか、あの店がいい、この料理が美味しい、話題の店に行ってきました~、の時代ではないですよね。
やはり素材の生産者がおられてこその料理です。
そこまで遡って、ただ食べるだけの立場の我々も生産の現場にまで関心を持たなくてはいけないんじゃないでしょうか。
素材を知る、それを生み出すための苦労を知る。
改めてそんな思いを持ちました。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

「マサヒコを思い出せない」南綾子

CIMG3333.JPG

わがままで自分勝手な男、マサヒコ。
そんな彼と関わった6人の女性たちの物語です。
私の体を通り過ぎて行った男・・・・といったところなんでしょうか。
それを乗り越えて新い一歩を踏み出す、と。
各編にマサヒコという男が登場するわけですが、それぞれ年齢も立場も違います。
マサヒコという同一人物の女遍歴かもしれませんし、女たらしなダメ男の象徴としてマサヒコという名の男が描かれているのかもしれません。
でも正直言いまして、だからどうなのという印象です。
以前に読んだ「夜を駆けるバージン」もそうなんですが、あと一歩なにか物足りないんですよね。
中身が薄いといいますか。
ま、これは好みの問題なのかもしれませんが。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

「オムライスの秘密 メロンパンの謎 人気メニュー誕生ものがたり」澁川祐子

CIMG3332.JPG

普段特に意識せずに食べている日常のいろんな料理。
当然それぞれにルーツがあるわけで。
というわけで、この本では日本の定番ともいえる料理のルーツを検証しておられます。
ただ、そのような類の本は今までにもいろいろあるわけで、それらと同じことをしても意味がない。
なので元祖といわれる店に取材するとかそういうことはせず、一般に出回っている説を文献によってあらためて検証してみようという試みです。
紹介されている料理はタイトルのオムライスやメロンパンも含めて28種類。
カレーだの餃子だの牛丼だの。
どれも馴染みの料理ばかりです。
元祖の店を取材してその店の言い分を聞いて文章にするだけではそれで終わってしまうわけですが、いろんな文献で多角度から見ることによって新たな発見もあったりするわけですね。
例えばカツカレー。
私が知識として知っていたのは、昭和20年代にプロ野球選手の千葉茂が銀座の「グリルルイス」という店でカツとカレーを別々に食べるのは面倒だからということで注文したのが元祖というものでした。
しかし大正時代に「河金」という浅草の洋食屋が河金丼という名前で出していたといいます。
タイトルにあるメロンパンにしても、見た目の格子状の縞模様がメロンに似ているからというのがよく言われますが、話はそのような単純なものではなかったのですね。
元祖といわれる店の言い分やひとつの文献だけを参照していれば疑いもなくそれを信用してしまうわけです。
ですがいろんな文献を調べれば巷で言われる由来よりも古い時代に既に存在していたことがわかったりします。
また必ずしもどこかの店とかどの料理人が始めたとかではなく、同時多発的に各地で生まれた可能性も推察できます。
300年以上前の文献にも目を通し、そこから著者なりの推察も加え、纏めたのがこの本です。
いやはや、お疲れさまでした。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

「時の旅」西村寿行

CIMG3331.JPG

南アルプスに近い山麓に所有林を持ちながら相続税が払えず、自分の山に火を放ち失踪した佐竹恒春。
妻は首つり自殺をし、11歳の息子である樹里は失踪した父を探すために山に入ります。
樹里の捜索を開始したのが特別環境警備監の戸部新介。
しかし樹里の失踪だけではなく、森林をめぐって政治家たちがいろんな思惑を持って動いており、戸部はそれに立ち向かうことになります・・・・。
西村寿行らしい非常にストレートなメッセージのある作品です。
自然破壊。
リゾート地などを作ることによる森林の伐採が結局どのようなことになるのか。
山林事業者を締め上げてその結果どのようなことになっているのか。
この作品では土石流が町を壊滅させてしまいます。
現実でも最近は各地で大雨による被害が発生しています。
土砂崩れで家屋が崩壊したり。
それらがすべて森林伐採が原因というわけではないでしょうけども。
人間はちょっと自然を軽く見過ぎているのではないですかね。
まあそれはそれとしまして。
読みましてさすがの寿行さんだなと思ったのですが、やはりそこにいろいろ殺人だの失踪だののエピソードが絡むわけで、しかしこのあたりちょっとテーマに上手く乳化していないと思いました。
テーマやメッセージについてはさすがの感がありましたが、作品の出来としましては寿行作品の中では中の下といったところでしょうか。
タイトルである「時の旅」やそれにともなう「時の海」のエピソードについても浮いているように思えました。
全盛期の傑作からすればややもの足りない印象です。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『に』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」角岡伸彦

CIMG3330.JPG

『関西の視聴率男』と言われた歌手でタレントのやしきたかじん。
2014年に64歳で死去。
その言動や人生は波乱万丈でした。
そんなやしきたかじんの生涯を描いた評伝です。
本業は歌手でしたがタレントとしての活動で人気がありました。
司会する番組はすべて高視聴率。
関西で圧倒的な人気はありましたが、そのアクの強さからあまりよく思わない人もけっこういましたが。
しかしこの本を読みますとかなり『やしきたかじん』を演じていたことがうかがえます。
傍若無人だったことは確かですが、実は繊細で気の小さなところもある人だったようです。
父親が在日韓国人だったということでコンプレックスを持った人でもありました。
言いたいことをズバズバと言ってのけた人ではありましたが、自身のルーツについては触れることができませんでした。
ジレンマといいますか大きな苦悩があったでしょうね。
そして死後は世間を騒がせた「殉愛」騒動。
善し悪しはともかく、それほど存在感があったタレントということでしょう。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする