2018年09月10日

「キッチンが走る! フランス・イタリア料理篇」NHK「キッチンが走る」制作班[編]

CIMG3334_LI.jpg

NHKの人気番組(?)の書籍化です。
キッチン付きのワゴンでタレントの杉浦太陽と料理人が各地を巡り、その土地の素材で料理を作るという内容の番組です。
私はほとんどテレビは観ないのでこのような番組があるのは知らなかったのですが。
いい企画ですね。
スタジオではなく直接現地で生産者と飛び込み(?)で知り合い、その土地ならではの未知の素材と出会い、刺激された料理人がその素材を存分に活かした料理を作る。
そして生産者たちに自分たちが作った素材がこのような料理になりましたよと食べていただく。
さすがの名シェフの料理に生産者も感動されたようです。
当然そこには人のつながりというものが発生します。
登場するシェフはフランス・イタリア料理篇ということで、三國清三坂井宏行、小枝絵麻、神保佳永、工藤敏之、佐志原佑樹の各氏。
しかしさすがに名のあるプロの料理人ですね。
その土地を訪問し、初めて出会う素材をきっちりと料理に仕上げておられる。
しかも生産者たちを唸らせておられるのですからたいしたものです。
それらを描写する文章が想いを伝えようとし過ぎてちょっとキモかったりもするのですが、まあそれもやはりNHKなのかなと。(笑)
いや、実に丁寧なんですよ。
残念ながら現在はもうこの番組はやっておられないようですね。
日本も豊かになりましてグルメだなんだと食について語る人が多くなりました。
そのような本や番組も。
だからこそといいますか、あの店がいい、この料理が美味しい、話題の店に行ってきました~、の時代ではないですよね。
やはり素材の生産者がおられてこその料理です。
そこまで遡って、ただ食べるだけの立場の我々も生産の現場にまで関心を持たなくてはいけないんじゃないでしょうか。
素材を知る、それを生み出すための苦労を知る。
改めてそんな思いを持ちました。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする