2018年09月12日

「なぜ宇宙人は地球に来ない? 笑う超常現象入門」松尾貴史 著 しりあがり寿 画

CIMG3335.JPG

世の中怪しげというか胡散臭いものがいろいろありまして。
そんな中のひとつが宇宙人でしょう。
はたして宇宙人というのは存在するのか。
存在しているとしてなぜ地球に来ないのか。
ということを検証した本です。
といいましても丸々一冊宇宙人についてではなく、いろんな超常現象について書かれています。
第一章、宇宙・UFO・古代文明
第二章、超能力・疑似科学・思い込み
第三章、伝説・迷信・デマ
第四章、占い・呪い・お祓い
第五章、神様・仏様・トリックスター
第六章、印鑑・水・ヒランヤ
第七章、火の玉・幽霊・動物霊
第八章、動物・植物・U.M.A
宇宙人については科学者たちも否定してはいません。
ただそのような知的文明があるとすれば地球から何百光年から何万光年も離れており、光と同じ速さで飛んできてもそれくらいかかるということで、誰が好き好んでそんな時間をかけてまで地球に来るかと。
しかもやって来てなにするのかと言えば、麦畑を踏みつぶしてミステリーサークルなるものを作ってみたり、牛を切って血を抜いてみたり。(笑)
もったいぶってUFOでチラッと姿を見せるだけだったり。
まあそうですよねぇ。
苦労して何千年も何万年もかけてやって来て(来れませんけど)、子供のイタズラみたいなことしてなんになる。
占いなんてのも好きな人いますね。
特に女性。
なぜあんなのを信用する気になれるのか。
風水だのパワーストーンだのもそうですよね。
そういった類を笑い飛ばしてくれる楽しい一冊です。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする