2018年09月30日

9月の一冊

今月は14冊読みました。

・「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」角岡伸彦
・「時の旅」西村寿行
・「オムライスの秘密 メロンパンの謎 人気メニュー誕生ものがたり」澁川祐子
・「マサヒコを思い出せない」南綾子
・「キッチンが走る! フランス・イタリア料理篇」NHK「キッチンが走る」制作班[編]
・「なぜ宇宙人は地球に来ない? 笑う超常現象入門」松尾貴史 著 しりあがり寿 画
・「きみは誤解している」佐藤正午
・「編集者放浪記」高田宏
・「銀二貫」高田郁
・「味に想う」角田房子
・「女ざかり」丸谷才一
・「小泉放談」小泉今日子
・「旨いメシには理由がある 味覚に関する科学的検証」都甲潔
・「中国怪食紀行 吾輩は「冒険する舌」である」小泉武夫

「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」、関西で人気だったやしきたかじんの生涯を描いたノンフィクション。
面白い人物ではありましたが、そんなに大きな扱いをするほどかなとも思います。
「時の旅」、西村寿行らしさのある作品ではありましたが、スケールはもひとつでしたね。
ちょっとおとなしい印象でした。
「オムライスの秘密 メロンパンの謎 人気メニュー誕生ものがたり」、身近な食べ物のルーツを追った一冊。
きっちりと資料を追求する姿勢がいい。
「マサヒコを思い出せない」、もひとつ一線を越えられていないなと。
もどかしい作家さんです。
「キッチンが走る! フランス・イタリア料理篇」、テレビ番組の書籍化。
カラー写真がふんだんに使われており、見やすかったです。
「なぜ宇宙人は地球に来ない? 笑う超常現象入門」、宇宙人、幽霊、超能力、いるのかいないのか、あるのかないのか。
まあ笑ってしまうのがほとんどでしょう、というのを確認できる一冊。
「きみは誤解している」、競輪を取り上げても競輪そのものではなくそのギャンブル性に魅せられた人たちを描くのが佐藤正午。
いつもながら飄々淡々とした文章がいい。
「編集者放浪記」、一昔前の編集者の自伝。
編集者という仕事に対しての真摯な姿勢がうかがえます。
「銀二貫」、ベタな話かもしれません。
ですがきっちりとツボを押さえた話作りの上手さにしっかりと読ませられました。
「味に想う」、外国での生活が長かった著者。
古き良きヨーロッパといった雰囲気を感じさせます。
「女ざかり」、企業小説や政治小説にもなりそうな題材ですが、ユーモア小説といった体に仕上がっています。
作者の余裕というか奥行きを感じさせる作品です。
「小泉放談」、50歳を過ぎて何を思い、目指すのか。
楽しく語られています。
「旨いメシには理由がある 味覚に関する科学的検証」、料理や味覚というのは科学(化学)です。
それをきっちりと教えてくれる一冊。
「中国怪食紀行 吾輩は「冒険する舌」である」、これで何冊目かはわかりませんがいつもながらの小泉センセイ。
楽しく読ませていただいております。

では今月の一冊を選んでみましょう。
ん~、候補としましては2冊です。
「銀二貫」と「女ざかり」。
どちらも世界に浸れました。
が、ストレートに心に響いたということで「銀二貫」でいきましょう。
決定。

CIMG3339.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする