2018年10月02日

「流転の魔女」楊逸

CIMG3345.JPG

中国人女性の林杏は日本の大学で法律を勉強している留学生。
居酒屋で時給900円のアルバイトをしています。
生活はぎりぎりです。
ある日、友人から弁護士をしている父親の通訳を頼まれます。
留置場に拘束されている中国人容疑者と接見するために通訳をしてほしいと。
その仕事が終わったあと貰った封筒を家に帰って開けてみると、報酬は1万5千円でした。
びっくりする林杏。
数時間で彼女の3日分のアルバイト代です。
林杏は貰った5千円札に『おせん』と名前を付け、「きっと戻ってくるんだよ」と心の中で呟き、コンビニで焼き肉スタミナ弁当やらなんやら、おまけにデザートまで買って“贅沢”をし、その5千円札を手放します。
そこから人から人へ渡っていく『おせん』の旅が始まり、また林杏はその後も通訳を続けるのですが・・・・。
通訳で中国人容疑者と関わる林杏、そして旅を続ける5千円札の『おせん』の話が交互に描かれていきます。
どちらにせよ描かれているのはお金です。
ン十円のお金さえ使うのに躊躇し振り回される林杏。
かと思えば『おせん』のほうはいろんな立場の人間の手に渡っていき、人生を垣間見ていきます。
お金に振り回される人間の悲哀といいますか。
この2つの話がどのようにひとつに収束するのかなと思いながら読んでいたのですが、結局はそのまんまなんですね。(笑)
私的にはお札を擬人化した『おせん』の章がどうも面白く感じられませんでした。
だいたい5千円札がそんなに海外のいろんな人の手を通り過ぎるとは思えませんし。
海外のお札と接触させるための設定なんでしょうが、ちょっと無理があるように思います。
面白い構成だとはと思いますが、わざわざこんなことする必要があるんですかね?
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする