2018年10月18日

「味覚日乗」辰巳芳子

CIMG3353.JPG

料理にもいろいろありまして、まあざっくり分けますと洗練された高級な料理か庶民的な料理か。
高級な料理といいますと料亭の料理であったり三ツ星レストランの料理であったり。
庶民的な料理といいますといわゆるB級グルメとかいわれる料理になるんですかね。
ラーメンであったり牛丼であったり。
いずれにせよ皆、というか若い人たちほど奇をてらった料理を喜ぶ傾向があるように思えます。
逆に言えば昔ながらの家庭料理なんかが軽くあしらわれがちです。
たしかに高級店の料理などは普段家庭では食べられないような料理でしょう。
じゃあ普段ちゃんとした家庭料理を食べているのかといえば、心許無い人がほとんどじゃないでしょうか。
昔ながらの基本的な家庭料理も知らずして、いきなり高級店の料理に飛びついてはしゃいでいる。
そのように思えてなりません。
日頃ちゃんとした味噌汁を食べずして高級和食の椀物を喜んでみたり。
そうじゃなく、毎日ごく当たり前の旬の素材を使って心を込めて作った家庭料理。
これこそが基礎になるべきではないでしょうか。
そんな当たり前のはずが今や貴重になってしまった料理を伝えておられるのが著者です。
旬の素材、まがいものでない食材、心を込めて手間暇かけた調理。
この本を読んでいますと心を洗われるような気がします。
家庭料理こそが原点ですよね。
それをおろそかにして何がグルメか食べ歩きか。
ガイドブックで人気の高級レストランに行くお金があれば、本物の食材を揃えることもできます。
そこの女性、いや男性もですが。
あちこちの店に出かけて食べ歩き自慢をする前に、まずは家でしっかりとした家庭料理を作ってみるべきではないですか?
そうすることにより食べ歩きも新たな意味を持ちますし、興味も広がります。
なにより料理や素材に対しての敬意がより深くなります。
昔ながらの家庭料理を身につけるなら今のうちです。
自分の祖母、そして著者のような人から少しでも受け継ぐべきではないでしょうか。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする