2018年10月20日

「ルポ 電王戦 人間vs.コンピュータの真実」松本博文

CIMG3354.JPG

最近は将棋もいろいろ話題になっています。
藤井七段(2018年10月現在)の活躍もありますし、羽生竜王(2018年10月現在)の永世七冠達成で国民栄誉賞という話題もありました。
これらはあまり将棋に興味のない人たちも目にしたニュースでしょう。
で、将棋ファンにとってはプロ棋士vs.コンピュータというのがあるんですね。
プロ棋士とコンピュータはどちらが強いのか。
というわけで『電王戦』というのが開催されることになったわけですが。
いや、やはりコンピュータは強い。
コンピュータ将棋も最初の頃はまったく話にならないくらい弱かったそうですが、さすがにそこは日進月歩のコンピュータ世界。
初期のプロとの対決ではいきなり米長永世棋聖を負かしてますからね。
将棋界に天才として名を刻む故・升田幸三は「コンピュータが束になっても高段者に勝てるわけがない」というようなことを言っておられたようですが、甘過ぎましたね。
その当時からはまさかコンピュータがここまで進歩するなんて夢にも思わなかったのでしょう。
人間なんてそんなもの。
その当時のレベルでしか判断できないのですから。
ちょんまげ時代の人たちが現在の携帯電話やテレビ、飛行機など想像もつかなかったのと同じようなものでしょう。
しかし大山康晴十五世名人などは「人間が負けるに決まっている」とあっさり認めておられます。
そして時代が進むにつれ、冷静に判断する人も現れます。
羽生善治、森内俊之といった名人たちもそれぞれコンピュータがプロ棋士を上回ることを予想しておられました。
AI(人工知能)なんてことさえ言われている昨今。
ますますコンピュータのレベルが上がっていくことは間違いないでしょう。
この本ではコンピュータ将棋の開発者にスポットを当て、その苦労、変遷、そしてプロ棋士の焦燥をルポしています。
個人的には人間が負けてもいいじゃないかと思いますけどね。
やはり進化したコンピュータには勝てませんよ。
見苦しいのはコンピュータを錯乱させる手をプロ棋士が打つことですね。
普通の対局で指さないような奇抜な手を使ってまで勝ちにいく。
私的にはそれってどうなのと思います。
勝てば官軍なのかもしれませんが。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする