2018年11月13日

「アダルト系」永江朗

CIMG3365.JPG

まえがきに「アダルト系といっても、十八歳未満禁止の、そっち方面という意味ではない」と書かれています。
「オトナじゃないとわからないことでありながら、いま一つオトナになりきれない人々の愛好すること」だそうです。
でも中身を読んでみますと、結局はやはり“そっち方面”がほとんどなんですけどね。(笑)
ひたすらパンチラを狙うカメラ小僧とか、ブルセラ、女装、ノーパン喫茶やSMクラブなどの風俗、AVやエロ本などのエロメディアなど。
しかしどのジャンルにおいても当然それに賭けている専門家やマニアがいるわけで、これはこれで立派なものです。
“そっち方面”以外のジャンルとしましては、刺青の彫師、興信所、死体洗い、など。
死体洗いのバイトなど都市伝説ですよね。
この本でも著者は何人もの医学部の教授たちに質問してきましたが「そんな噂は初耳ですね」とのこと。
でしょうね。
そもそも病院内や大学内にホルマリンのプールがあるなんて考えられませんし。
そんな仕事を一般の人間相手に募集なんかしないでしょうし。
しかし著者は実際にそのバイトをしたことがあるという人に会って話を聞いておられます。
いったいなんだったのだろうかと。
それが本当なら具体的にどこの病院どこの大学と答えられそうなものですが、そのような回答はなかったようです。
眉唾ですね。(笑)
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする