2018年11月19日

「活字の海に寝ころんで」椎名誠

CIMG3368.JPG

「活字のサーカス」「活字博物誌」に続いてシリーズ第3弾。
サーカスと博物誌のあとは海に寝ころがりました。(笑)
今回は『食』について書かれた本を多く取り上げておられます。
最初に「辺境の食卓」ということで『極限地帯や極限状況に置かれた人間が何をどうやって食って生きてきたか』ということに興味があり、そのようなものをまとめたとあります。
アマゾンやチベットではどのようなものを食べているのか。
そしてオーストラリアやアフリカの砂漠では。
中国では。
極限状況ということであれば漂流があります。
船が難破して脱出し、漂流、あるいは無人島に流れ着いてどのような食生活を送ってきたのか。
いろんな人が「漂流記」を書いておられるようで、南極では17ヶ月の中でペンギンを食べ、アザラシを食べ、やがては役に立たなくなったソリ牽き用の犬まで食べます。
アザラシの肉ばかり食べていた皆にとって犬肉は御馳走だったとか。
海を漂流した人たちはやはり魚になるわけですが、けっこうウミガメが食料として役に立ったようです。
特に卵は美味で、雌亀は肝臓がとりわけおいしいとか。
しかしまあ人間、極限状況になるとなんでも食べざるを得ないわけで、あーだこーだと顔をしかめてなんかいられないわけです。
これは戦時中の日本人もそうですよね。
戦地の兵隊さんもそうでしたし、日本で戦火から逃れた人たちもそうでした。
「火垂るの墓」の幼い兄妹なんか見ましたら、食べ物にあーだこーだなんて言えたものではありません。
なので私はグルメごっこから卒業してずいぶんとなります。
食べられることがありがたい。
そして何を食べても美味しいと思えるのがいちばんです。
著者はあとがきに『平素我々はいかに無意識のうちにうまいものを食って堕落しているか、ということも同時に分かり、しばらく気持ちがぐったりした』と書いておられます。
まさしくですね。
posted by たろちゃん at 03:45| Comment(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする