2018年11月23日

「丸元淑生のスーパーヘルス 老化を遅らせる食べ物と食事法」丸元淑生

CIMG3370.JPG

現代は飽食の時代と言われ毎日大量の食料を廃棄するほど豊かになったわけですが、実はこれほど食べ物があり余るような状況は人類の歴史の中ではつい最近のことなんですね。
何万年ものあいだ人類はずっと飢餓に脅えて日々を過ごしてきたわけです。
今の日本でそのような恐怖に怯えている人などいないでしょう。
さて、その結果どうなったか。
肥満、糖尿病、心臓病、高血圧、ガン・・・・。
生活習慣病などに晒されることになりました。
現在はかつて人類が経験したことのない状況に突入しています。
人間、生きていく上での基本はまず食べること。
現在の食事は栄養補給ではなく娯楽です。
はたしてこんな食生活でいいのか。
というわけで、著者は本書で健康を維持するための食事、長生きするための食事を提案、主張しておられます。
結局は栄養学なんですけどね。
体を正常に維持していくためにはどのような栄養を摂ればいいのか。
そのためには何をどのように食べればいいのか。
また食べるべきではないのか。
著者ほどの信念があれば書かれていることすべて実行できるのでしょうが、たいがいの人にはなかなか。(笑)
皆、頭ではわかっていても諸事情でなかなか実行は難しいものです。
しかし心掛けは必要ですね。
今の若い人たちの食事(栄養バランス)への無頓着さには私も呆れます。
頻繁にファストフードやコンビニ弁当でもなんら抵抗のない人たち、その人たちが親になったときの子供の食事。
考えるとぞっとします。
まあ他人事ですが。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:23| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする