2018年12月11日

「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹

CIMG3380.JPG

山陰地方の山脈の奥に隠れ住む“辺境の人”にぽつんと紅緑村に置いて行かれた万葉。
村の若夫婦に引き取られ育てられましたが、やがて製鉄業で界隈に君臨する赤朽葉家に嫁ぎます。
子供の頃から未来の光景を見ることのできた万葉は千里眼奥様と呼ばれるようになります。
その娘で長女の毛毬、そして語り手である孫の瞳子。
赤朽葉家、女三代の物語です・・・・。
しっかりと世界観を作っておられるなという印象ですね。
万葉と毛毬が丁寧に描かれていますし、その二人を語りつつ赤朽葉家という家族を描き、ミステリーの要素もあり、そして1950年代からの日本の経済や風俗をきっちりと取り込んで厚みのある小説となっています。
語り手の瞳子から見て祖母は千里眼奥様、母は一世を風靡した漫画家、しかし瞳子自身は何物でもない平凡な女性。
このあたりの設定も時代を追って旧家の消滅といいますか時代の終焉といいますか、まさしく伝説的な雰囲気となっています。
私は特に第二部の毛毬の章がよかったですね。
毛毬のキャラが秀逸です。
なんだか嶽本野ばらの「下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん」を連想しましたが。(笑)
このキャラには作者も手応えを感じられたようで、後に「製鉄天使」というスピンオフ作品を書いておられます。
読んでいるあいだはどっぷりと世界に浸ることができました。
お見事。
たいへん読み応えのある力作だと思います。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする