2018年12月29日

12月の一冊

今月の読書は14冊です。

・「握りの真髄 江戸前寿司の三職人が語る」文藝春秋 編
・「性的黙示録」立松和平
・「フランス流 美味の探求」鳥取絹子
・「人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった」戸部田誠(てれびのスキマ)
・「料理ノ御稽古」嵐山光三郎
・「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹
・「ああ、堂々の自衛隊」宮嶋茂樹
・「パルプ」チャールズ・ブコウスキー 柴田元幸 訳
・「Cボーイ・すくらんぶる」唯川恵
・「私の食べ歩き」獅子文六
・「窓際OL 会社はいつもてんやわんや」斎藤由香
・「てんのじ村」難波利三
・「アジアへごはんを食べに行こう」向山昌子
・「海の見える街」畑野智美

「握りの真髄 江戸前寿司の三職人が語る」、1994年の本ですが、「おけい寿司」の村瀬泰行氏は引退されたようで。
後には江戸前寿司屋の貴重な資料となる本でしょう。
「性的黙示録」、地味な話ではあると思うのですが、まったく退屈することなく読めましたね。
やはり立松和平だなと思いながら読みました。
「フランス流 美味の探求」、なんでもかんでも外国がいいと思うのは日本人の悪いところ。
しかし食に関してはフランスを見習うべきところは多々あります。
「人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった」、芸能人たちのさりげない(?)発言を取り上げてコメントしたコラム。
ひまつぶしにはいい本かと。
「料理ノ御稽古」、あの嵐山氏ですからけっこう無茶な料理かなと思ったのですが。
意外とまともでした。(笑)
「赤朽葉家の伝説」、女性三代を描いた長編小説。
読み応えありましたねぇ、とてもよかったです。
「ああ、堂々の自衛隊」、不肖・宮嶋のこれがデビュー作のようで。
自衛隊側に立った堂々の主張、実にあっぱれです。
「パルプ」、伝説の(?)カルト小説。
しかしこれブコウスキーじゃなくてどこかの新人が書いたとしたらどのように評価されたのかな。
「Cボーイ・すくらんぶる」、古き良き時代のコバルト小説です。
時代は感じさせますが、でもあのころのティーンズ小説はよかったなぁ。
「私の食べ歩き」、作家の食エッセイです。
いろんな作家が食エッセイを書いておられますけども、私はこの作品にはとても心地よさを感じました。
「窓際OL 会社はいつもてんやわんや」、一流企業OLのほんまかいなと思うような爆笑エッセイ。
次作も楽しみに読みますよ。
「てんのじ村」、大阪は西成を舞台とした売れない芸人たちの物語。
直木賞受賞作ですが、まあそれなりにという印象でしたね。
「アジアへごはんを食べに行こう」、ごはんが好きでアジアが好きな著者の食べ歩き。
うん、いいなぁと思いますね。
「海の見える街」、ふっとどこかの街の日常を捉えたかのような物語。
でもどこの誰にもそれなりのドラマはあるんですよね。

では12月の一冊を。
今月読んだ中から一冊を選ぶわけですが。
これ、なかなか難しいんですよね。
文学賞のように今回は該当作なしというのもありで、そうすればとてもラクですがそういう逃げを打つわけにもいかず。
といっても勝手にこんなことをやって何を言ってるんだと怒られそうですが。
そうそう「これは!」という本に出合うわけでもないんですよね。
でも今月手応えあったのが「赤朽葉家の伝説」。
こういう作品に出合うと「決まりだな」と思えます。
というわけで今月の一冊は「赤朽葉家の伝説」です。

CIMG3380.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする