2019年01月31日

1月の一冊

今月の読書は以下の16冊でした。

・「マンガ家アシスタント物語」イエス小池
・「東電OL殺人事件」佐野眞一
・「モダンタイムス(上・下)」伊坂幸太郎
・「〈ジャイアント白田〉 最強の飲食店づくり」ジャイアント白田
・「日常の極楽」玉村豊男
・「新選組 幕末の青嵐」木内昇
・「天才 勝新太郎」春日太一
・「教科書に載っていないUSA語録」町山智浩
・「果つる底なき」池井戸潤
・「読む餃子」パラダイス山元
・「葬儀の日」松浦理英子
・「常識の世界地図」21世紀研究会編
・「言葉尻とらえ隊」能町みね子
・「デウスの棄て児」嶽本野ばら
・「東京すみっこごはん 雷親父とオムライス」成田名璃子

「マンガ家アシスタント物語」、32年間のアシスタント生活はどのようなものだったのか。
悲惨さはありませんけどね。
「東電OL殺人事件」、エリートOLがなぜ、という事件でした。
真実は闇のままです。
「モダンタイムス(上・下)」、プログラムを解明しようとしたばかりに襲いかかる不幸。
読み応え十分な一冊でした。
「〈ジャイアント白田〉 最強の飲食店づくり」、大阪で串カツ屋を営む元大食い選手の著者。
自身の店づくりのノウハウを語っておられます。
「日常の極楽」、本当の贅沢とは何か。
決して都会の便利な生活ではないですよね。
「新選組 幕末の青嵐」、新選組のいろんな人物にスポットを当てた構成。
土方の魅力が良かった。
「天才 勝新太郎」、勝新太郎といえばハマリ役の座頭市。
このような役者さんは今後出てこないかも。
「教科書に載っていないUSA語録」、アメリカでの様々な人物の発言を集めたコラム集。
笑ってしまいます。
「果つる底なき」、人気作家のデビュー作。
今後の活躍の片鱗がうかがえますね。
「読む餃子」、餃子を愛する著者の餃子山盛りな一冊。
美味しく楽しめました。
「葬儀の日」、短編集。
表題作はややシュールな雰囲気の作品でした。
「常識の世界地図」、国によって常識は違うものだなと。
正反対な場合もありますしね。
「言葉尻とらえ隊」、ニュースや新聞などの気になる言葉尻を取り上げたコラム集。
たしかに「ん?」と思うような言いまわしってありますよね。
「デウスの棄て児」、天草四郎を大胆な脚色で描いた作品です。
この作者らしい雰囲気ですね。
「東京すみっこごはん 雷親父とオムライス」、シリーズ第2弾。
ほのぼのとした中にも毎回趣向があります。

では今月の一冊をば。
小説はどれもよかったですね。
はずれがありませんでした。
その中でも上下巻の長さを感じさせず没頭して読めた「モダンタイムス(上・下)」でしょうか。
今月はこれを選びます。

CIMG3392.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

「東京すみっこごはん 雷親父とオムライス」成田名璃子

CIMG3404.JPG

昭和の雰囲気を残す昔ながらの商店街から路地を入ったところにある『共同台所 すみっこごはん』。
さまざまな年齢や職業の人たちが集まり、くじ引きでその日の料理を作って食べるという素人料理の食堂です。
シリーズ第2弾の今回はどのような人物が訪れるのか・・・・。
連作で4編収録。
表題作は「雷親父とオムライス」ということで、会社を定年退職したガンコ親父と小学生の交流が描かれています。
で、全体としましては駅前が再開発されるということで、『すみっこごはん』のある地域もその範囲に入っているということです。
つまり『すみっこごはん』立ち退きのピンチ。
いきなり保健所の立ち入り検査が入ったりとか、どうも誰かがこの店の立ち退きに向けて工作しているようなのです。
しかも『すみっこごはん』の身内に再開発業者と手を組んでいる人物がいるような気配。
いったい誰が・・・・。
グルメ小説ではありますが、料理に対しての知識披露的なウンチクがないのがいいですね。
料理がどうこうよりも店を舞台とした人々の交流をメインとしているからでしょう。
ほのぼのとした雰囲気が心地よい。
立ち退きに対しては本作ではまだ結論は出ていません。
さて、どうなるのか。
次作も楽しみに読ませていただきましょう。
ラベル:グルメ本 小説
posted by たろちゃん at 03:03| Comment(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

「デウスの棄て児」嶽本野ばら

CIMG3403_LI.jpg

裕福な葡萄牙(ポルトガル)人に売られた日本人妻とのあいだに生まれた四郎。
母は阿片中毒となり、父には疎まれ、周りには異国人だ妾腹の子供だとしていじめられ、神父には性欲のはけ口にされ。
周りはろくな連中ではありません。
薄汚く穢れと欲にまみれたこのような世界を創った天主(デウス)を四郎は憎みます。
そして天主に復讐することを誓うのです。
そのような世界の全ての人間を皆殺しに・・・・。
四郎というのはもちろん天草四郎です。
しかしなぜ嶽本野ばらが天草四郎をモチーフに選んだのか。
わかるようなわからないような。
作風はハマってますけどね。
天草四郎を天主を憎んで世界に復讐しようとする悪のヒーローに設定したのが大胆ですね。
庄屋や浪人たちに総大将として祭り上げられ、しかしまた四郎もその立場を利用し、何万人もの農民たちを率いて一揆をおこします。
敵も味方も皆死ねばいい。
四郎の考えは冷淡です。
しかし神も人間も信じなかった四郎が最後に気づいたことは・・・・。
ラストはちょっと泣けましたね。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

「言葉尻とらえ隊」能町みね子

CIMG3402.JPG

ニュース、新聞、ネットなどで見聞きした“引っかかった”言葉を捉え、「それってどうなの」とツッコミを入れたコラム集です。
まあ、あげ足取りです。(笑)
でも確かにそういうのってありますよねぇ。
例えばなにか事件を起こした犯人が「むしゃくしゃしてやった」と述べることについて。
「むしゃくしゃ」なんて言葉を使うかと著者は指摘します。
普通なら「むかついてやった」とか言うんじゃないかと。
これ、本当に犯人がそのような言葉を口にしたのか?
もしそうだとすればこれはもう事情聴取されるときの定番用語ですね。
「オフクロの味といえば?」という質問に「肉じゃが」と答えるようなものです。
スポーツ選手がインタビューされて、やたら「ハイ」という言葉を使うのも著者は気になるようです。
「・・・・ですね。ハイ」てな具合に。
私が気になるのはむしろ頭に「そうですね」という言葉を付けることです。
これ、よく聞いてますとスポーツ選手に限らず皆さんかなりの確率で使ってますよ。
「ハイ」よりも私はこちらのほうが以前から気になっていました。
インタビューで質問を受けると必ず頭に「そうですね」と付けて本題に入る。
いったいなにがそうなんだとツッコミを入れたくなります。
まあ皆さんいろんな発言をなさいます。
おそらく著者もそうなんでしょうけど、言葉にちょっとフェチなところがあると日常のいろんな言い回しが引っかかってくるんですよね。
私の場合、最近なら「ハンパない」とか。
それさえも略して「パない」とか。
そのような言葉を聞くとほんとむしゃくしゃ、いや、むかつきます。(笑)
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『の』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

「常識の世界地図」21世紀研究会編

CIMG3401.JPG

国によって常識というのは様々です。
挨拶だったり食べ物だったり服装だったり。
それぞれにおいて違いがあります。
それによって法律も違ってきたりしますね。
日本人にとってピンとこないのは宗教からくる風習かもしれません。
特定の食材は食べてはいけない、肌を露出してはいけないなどなど。
日本人にとっては何でもない言動がとんでもなく非常識だったりするかもしれませんので、海外に行くときは要注意です。
もし海外に行くときは前もってその国の風習といいますか、ルールを予習しておく必要はあるでしょうね。
posted by たろちゃん at 03:41| Comment(0) | 『に』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする