2019年01月03日

「東電OL殺人事件」佐野眞一

CIMG3391.JPG

平成9年、東京電力に勤めるOLが何者かによりアパートの一室で絞殺されました。
この事件が異様に注目されたのは、彼女が当時企画部経済調査室副長というエリートだったこと。
そしてなにより昼はOL、夜は売春婦としてホテル街に立っていたということです。
年収が1000万円近くあったといわれるエリートOLがなぜ売春などしていたのか。
犯人として逮捕されたのは事件があったアパートの隣に住むネパール人。
しかし彼を犯人とするにはあまりにも証拠が弱いにもかかわらず、警察ははなっから彼を犯人だと決めつけて逮捕しています。
真犯人は誰なのか。
エリートOLはなぜ毎晩ホテル街に立ち客を取り続けたのか・・・・。
まず、被害者女性の心の闇といいますか、なぜ売春などしていたのかそれがまったくわからないですね。
社会的な立場もあり、年収も十分です。
にもかかわらず、仕事後に毎晩最終電車の時間まで立ち続け、何人も客を取ったといいます。
安い時は2千円、3千円という金額で。
常連客の話によると決してセックスが好きなわけではなかったようです。
そして真犯人は誰なのかということ。
逮捕されたネパール人については判決が二転三転していますが、最終的には平成24年に無罪が確定しました。
なぜ検察は執拗に彼を犯人に仕立てようとしたのか。
それにしても恐ろしい話です。
まったく聞く耳を持たず不十分な証拠で逮捕した警察、そして執拗に追い詰めた検察。
ネパール人の彼は外国でこのような冤罪をかけられて、どれほど不安で恐ろしく悔しく悲しかったことでしょう。
無罪になったものの、それまでの時間は返ってきませんし精神的苦痛は甚大なものがあります。
この本では著者はひたすら被告無罪の確信を持ち、30回にわたる公判を傍聴し、被告に何度も面会し、丁寧に事件を追っています。
しかし20年以上経った今でも被害者の心や真犯人が闇のままなすっきりとしない事件です。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする