2019年01月25日

「言葉尻とらえ隊」能町みね子

CIMG3402.JPG

ニュース、新聞、ネットなどで見聞きした“引っかかった”言葉を捉え、「それってどうなの」とツッコミを入れたコラム集です。
まあ、あげ足取りです。(笑)
でも確かにそういうのってありますよねぇ。
例えばなにか事件を起こした犯人が「むしゃくしゃしてやった」と述べることについて。
「むしゃくしゃ」なんて言葉を使うかと著者は指摘します。
普通なら「むかついてやった」とか言うんじゃないかと。
これ、本当に犯人がそのような言葉を口にしたのか?
もしそうだとすればこれはもう事情聴取されるときの定番用語ですね。
「オフクロの味といえば?」という質問に「肉じゃが」と答えるようなものです。
スポーツ選手がインタビューされて、やたら「ハイ」という言葉を使うのも著者は気になるようです。
「・・・・ですね。ハイ」てな具合に。
私が気になるのはむしろ頭に「そうですね」という言葉を付けることです。
これ、よく聞いてますとスポーツ選手に限らず皆さんかなりの確率で使ってますよ。
「ハイ」よりも私はこちらのほうが以前から気になっていました。
インタビューで質問を受けると必ず頭に「そうですね」と付けて本題に入る。
いったいなにがそうなんだとツッコミを入れたくなります。
まあ皆さんいろんな発言をなさいます。
おそらく著者もそうなんでしょうけど、言葉にちょっとフェチなところがあると日常のいろんな言い回しが引っかかってくるんですよね。
私の場合、最近なら「ハンパない」とか。
それさえも略して「パない」とか。
そのような言葉を聞くとほんとむしゃくしゃ、いや、むかつきます。(笑)
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『の』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする