2019年01月31日

1月の一冊

今月の読書は以下の16冊でした。

・「マンガ家アシスタント物語」イエス小池
・「東電OL殺人事件」佐野眞一
・「モダンタイムス(上・下)」伊坂幸太郎
・「〈ジャイアント白田〉 最強の飲食店づくり」ジャイアント白田
・「日常の極楽」玉村豊男
・「新選組 幕末の青嵐」木内昇
・「天才 勝新太郎」春日太一
・「教科書に載っていないUSA語録」町山智浩
・「果つる底なき」池井戸潤
・「読む餃子」パラダイス山元
・「葬儀の日」松浦理英子
・「常識の世界地図」21世紀研究会編
・「言葉尻とらえ隊」能町みね子
・「デウスの棄て児」嶽本野ばら
・「東京すみっこごはん 雷親父とオムライス」成田名璃子

「マンガ家アシスタント物語」、32年間のアシスタント生活はどのようなものだったのか。
悲惨さはありませんけどね。
「東電OL殺人事件」、エリートOLがなぜ、という事件でした。
真実は闇のままです。
「モダンタイムス(上・下)」、プログラムを解明しようとしたばかりに襲いかかる不幸。
読み応え十分な一冊でした。
「〈ジャイアント白田〉 最強の飲食店づくり」、大阪で串カツ屋を営む元大食い選手の著者。
自身の店づくりのノウハウを語っておられます。
「日常の極楽」、本当の贅沢とは何か。
決して都会の便利な生活ではないですよね。
「新選組 幕末の青嵐」、新選組のいろんな人物にスポットを当てた構成。
土方の魅力が良かった。
「天才 勝新太郎」、勝新太郎といえばハマリ役の座頭市。
このような役者さんは今後出てこないかも。
「教科書に載っていないUSA語録」、アメリカでの様々な人物の発言を集めたコラム集。
笑ってしまいます。
「果つる底なき」、人気作家のデビュー作。
今後の活躍の片鱗がうかがえますね。
「読む餃子」、餃子を愛する著者の餃子山盛りな一冊。
美味しく楽しめました。
「葬儀の日」、短編集。
表題作はややシュールな雰囲気の作品でした。
「常識の世界地図」、国によって常識は違うものだなと。
正反対な場合もありますしね。
「言葉尻とらえ隊」、ニュースや新聞などの気になる言葉尻を取り上げたコラム集。
たしかに「ん?」と思うような言いまわしってありますよね。
「デウスの棄て児」、天草四郎を大胆な脚色で描いた作品です。
この作者らしい雰囲気ですね。
「東京すみっこごはん 雷親父とオムライス」、シリーズ第2弾。
ほのぼのとした中にも毎回趣向があります。

では今月の一冊をば。
小説はどれもよかったですね。
はずれがありませんでした。
その中でも上下巻の長さを感じさせず没頭して読めた「モダンタイムス(上・下)」でしょうか。
今月はこれを選びます。

CIMG3392.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする