2019年02月18日

「江戸へようこそ」杉浦日向子

CIMG3413.JPG

前口上として著者が語りたい江戸についての説明があるのですが、いまいちよくわかりません。(笑)
著者は歴史の知識がある「歴史好き」でもなく、チャンバラなどが好きな「時代劇好き」でもないといいます。
日本で「時代もの」といえばおおむねそれら2種類に支えられており、専門的な研究以外ではどうしてもそういう人たちを対象として書かれることになるので従来のイメージを抜けられないと。
そして江戸趣味を否定し、ノスタルジーも否定しておられます。
で、「江戸はどこにあるのか」という問いに対しては、「いまここにあります」と答えるそうです。
なんだかなぁ、ちょっとイタイなぁ、という気がします。
まあ江戸について一般の人たちが安易に浮かべるイメージに対して物申したいのだとは思いますが。
たしかに江戸時代といっても毎日歴史に残るような出来事があったわけではなく、また時代劇のようなドラマが日常茶飯事に起きていたわけではありません。
現代も同じですが、皆ごくごく平凡に毎日を過ごしていたはずです。
そしてその延長にいまの東京もある、と。
もっと日常の江戸を知ってほしいということなんでしょう。
私もそのあたりは知りたい。
私は大阪の人間なので江戸ではありませんが、例えば自分のご先祖様は江戸時代どのような生活をしていたのか。
なにを生業にしてどのような人物だったのか。
住んでいたあたりはどのような風景で周りにはどのような人たちがいたのか。
日々どのような日常を過ごしていたのか。
教科書に出てくる出来事よりもよほど興味があります。
この本ではゲストを招いての対談も掲載されています。
中島梓氏とは吉原について。
高橋克彦氏とは春画について。
これらは私も興味ありますので、へぇなるほどと読ませていただきました。
でもテーマとしてはベタですよね。
もちろんそれらから庶民の生活を見ることはできるのでしょうけど。
著者の鼻息が荒い割には結局この本も従来のイメージからは脱却できていないのではと思いました。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『す』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

「はなうた日和」山本幸久

CIMG3412.JPG

9編収録の短編集です。
どの作品もさりげない話です。
日常のさりげない話と書いてしまいそうになりますが、さりげなくはありますが日常的ではありません。
会ったことのない父親が実はいつも観ている特撮の悪のボス役だったり、部長が部下のOLからその気があるっぽく飲みに誘われて「副社長を殴ってほしい」と頼まれたり。
不倫は今や普通としても、その相手が実はとんでもなかったり。
どれも日常ではなかなかあり得ない設定です。
しかしそれをさりげなく読ませるのがこの作者の作風といいますか技術なんでしょうね。
共通しているのは世田谷線界隈を舞台にしていること。
なのでなんだかほのぼの感があります。
「はなうた日和」というタイトルもまさにそんな雰囲気ですよね。
そして連作というわけではないのですが、登場人物などが各作品でリンクしていたりします。
なのでなんとなくこじんまりとした一体感のようなものを感じさせます。
「〇〇殺人事件」のような小説よりも私はこのような小説のほうが好きですし、また多く読まれてほしいと思いますね。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

「隣に誰かさん。」深月織

CIMG3411.JPG

もうすぐ30歳になる葛城透子。
男と付き合うのは面倒くさい、男なんていらない。
口癖のように言い続け、「葛城透子に恋愛話は馬に念仏」とまでいわれています。
そんな透子の趣味は紅茶。
家の近くにある紅茶専門店『織苑~orien~』に通い詰めています。
4歳年下の美形で柔らかな微笑のマスターが淹れる最高の紅茶に癒される毎日。
年下のかわいい男性や玉の輿の男性が現れたりもするのですが、透子の心の中にはいつの間にか・・・・。
透子さんのキャラがなかなかいいですね。
恋愛嫌いでちょっと鈍感。
そして一本筋が通ったような性格。
なかなか魅力的です。
話の内容は他のエタニティに比べるとけっこうストレートに思えました。
お互いの勘違いやライバル登場による白々しい心の行き違いなどが抑え気味でしたので。
ヒロインが「美人でもないわたしなんかどうせ・・・・」と自虐的になるのは定番ですからね。
それでも御曹司なんかがちゃんと手を差し伸べてくれるという。(笑)
そのようなクサイ芝居がなかったのはよかったです。
紅茶とスイーツのエピソードなんかもさりげなく上手い。
エッチなシーンはやや控えめですが、バランス的にもこれでいいか。
すっきりと楽しめました。
posted by たろちゃん at 02:08| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

「夜中にジャムを煮る」平松洋子

CIMG3410.JPG

食エッセイ集です。
タイトルがいいじゃないですか。
夜中にジャムを煮る。
これ昼間にジャムを煮るだとだからどうしたで終いなんですけどね。(笑)
夜中というのがなんとも意味深であり、儀式めいた雰囲気を感じます。
向田邦子の「夜中の薔薇」を思わせたりするタイトルです。
この著者の食エッセイは食べ物について書かれているのは当然のこととして、道具についても頻繁に取り上げておられます。
電子レンジを処分して蒸籠にしてみたり、炊飯器をやめて文化鍋や石鍋でごはんを炊いてみたり、ある意味時代と逆行したことをやっておられます。
そこに見られるのは道具に対しての愛着ですね。
電子レンジや炊飯器といった機械よりも、やはり蒸籠や鍋のほうが愛着が湧こうというものです。
そして手作り感のある美味しさですね。
やはり昔ながらの道具で料理すると出来もいい。
これは私も思います。(慣れないうちは失敗もありますが)
ただ食べ物について書かれたエッセイではなく、“台所”を感じる食エッセイだと思います。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ひ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

「藤十郎の恋・恩讐の彼方に」菊池寛

CIMG3409.JPG

表題作の2編他8編収録の短編集。
坂田藤十郎は元禄時代の京の歌舞伎役者です。
名人の名を欲しいままにしています。
ある日、江戸から中村七三郎というこれまた名優が上ってきます。
最初はあまり評判の良くなかった七三郎ですが、あっという間に人気となり藤十郎を凌ぐほどとなります。
人々は藤十郎の芸にマンネリ感を持ち始め、藤十郎もまた自分の芸に自信を持ちつつも行き詰まりを感じていました。
藤十郎は現状を打破しようと近松門左衛門に狂言を書いてもらうのですが、その内容というのが命がけの不義の恋です。
女遊びはそれなりにしてきた藤十郎ですが、他人の女房に手を出したことはありません。
そんな自分がこの役を演じることができるのか。
内容は斬新だがいつもの藤十郎と変わらないなどと酷評されるのではないか。
焦燥にかられます。
そんな藤十郎が取った行動は・・・・。(藤十郎の恋)
「恩讐の彼方に」は主人を殺害した若武士市九郎が逃亡し、その後も生きていくために何人もの人間を殺めることを繰り返すのですが、やがて悔恨に苛まれ得度します。
そして了海と法名を呼ばれ諸人救済のため旅に出るですが、旅先で難所に遭遇し、この難所を取り除くことにより千万の命を救うことになるだろうとここに骨を埋める覚悟をします。
村人から狂人扱いされながらも、来る日も来る日もひたすら岩盤を掘り続ける市九郎。
そして20年。
父親の仇を討つために10年近く放浪の旅を続けてきた実之助がようやく市九郎を探し当ててやって来ます。
市九郎に会った実之助は・・・・。
どの話も教訓を含んでいるといいますか。
う~む、と考えさせられますね。
これまで「真珠夫人」「貞操問答」「無憂華夫人」と読んできましたが、それらとはまったく作風が違い幅広さを感じました。
いずれにせよ菊池寛の作品は面白い。
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『き』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする