2019年02月10日

「藤十郎の恋・恩讐の彼方に」菊池寛

CIMG3409.JPG

表題作の2編他8編収録の短編集。
坂田藤十郎は元禄時代の京の歌舞伎役者です。
名人の名を欲しいままにしています。
ある日、江戸から中村七三郎というこれまた名優が上ってきます。
最初はあまり評判の良くなかった七三郎ですが、あっという間に人気となり藤十郎を凌ぐほどとなります。
人々は藤十郎の芸にマンネリ感を持ち始め、藤十郎もまた自分の芸に自信を持ちつつも行き詰まりを感じていました。
藤十郎は現状を打破しようと近松門左衛門に狂言を書いてもらうのですが、その内容というのが命がけの不義の恋です。
女遊びはそれなりにしてきた藤十郎ですが、他人の女房に手を出したことはありません。
そんな自分がこの役を演じることができるのか。
内容は斬新だがいつもの藤十郎と変わらないなどと酷評されるのではないか。
焦燥にかられます。
そんな藤十郎が取った行動は・・・・。(藤十郎の恋)
「恩讐の彼方に」は主人を殺害した若武士市九郎が逃亡し、その後も生きていくために何人もの人間を殺めることを繰り返すのですが、やがて悔恨に苛まれ得度します。
そして了海と法名を呼ばれ諸人救済のため旅に出るですが、旅先で難所に遭遇し、この難所を取り除くことにより千万の命を救うことになるだろうとここに骨を埋める覚悟をします。
村人から狂人扱いされながらも、来る日も来る日もひたすら岩盤を掘り続ける市九郎。
そして20年。
父親の仇を討つために10年近く放浪の旅を続けてきた実之助がようやく市九郎を探し当ててやって来ます。
市九郎に会った実之助は・・・・。
どの話も教訓を含んでいるといいますか。
う~む、と考えさせられますね。
これまで「真珠夫人」「貞操問答」「無憂華夫人」と読んできましたが、それらとはまったく作風が違い幅広さを感じました。
いずれにせよ菊池寛の作品は面白い。
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『き』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする