2019年04月09日

「おもしろメニュー二万年」永山久夫

CIMG3438.JPG

今から二万年前。
我々日本人の先祖たちはなにを食べていたのか。
ナウマン象を食べ、昆虫を食べ、山菜、ヘビ、カエル、などなど、あらゆるものを食べる雑食人種だったそうです。
そして縄文時代、弥生時代、奈良時代と進んでいきます。
平安時代になると食べ物の種類も増え、料理法も向上。
それでも農民たちの常食は雑穀に雑菜などを炊きこんだ粗末なもので、米などめったに食べられなかったようですね。
現在は1日3食が普通になっていますが、昔は朝と夕の2食。
3食になったのは元禄時代だといいます。
経済成長や照明器具の発達により仕事の時間が長くなったり夜更かししたりでお腹も空きますし、徐々に3食になっていったとか。
それでも現在に比べたら粗食です。
時代が飛んで現代になりますと、なんとまあ食べ物の溢れかえっていることか。
余り過ぎて廃棄までしています。
飽食の時代なんていいますが、日本の食料自給率は30パーセント台。
先進国では最低です。
食料を自給できないような国が大量の食料を廃棄しているなんて正気の沙汰ではないですよね。
この本を読みますと日本人の食の歴史というのはほんとに質素なものだったということがわかります。
なので成人病などとは無縁でした。
逆に栄養失調はありましたけどね。(笑)
著者は『三里四方の野菜』を提案しておられます。
自分の住む三里四方の“野菜”を食べていれば病気にもならず長生きできると古くから言われていることです。
“野菜”といっても海や川、山で採れた肉や魚も含みます。
そして地野菜、庭で飼っている鶏の卵、自家製の味噌など。
それらの食文化があって日本は長寿の国となりました。
しかし現代には無理な話です。
ですができるだけ食品添加物の入った食品は避ける、漂白したような見た目だけ綺麗な野菜は避けるなど、現代なりの手はあります。
少しでも心掛けたいものです。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする