2019年04月29日

4月の一冊

今月読んだのは以下の14冊です。

・「銀河鉄道の父」門井慶喜
・「ホンのひととき 終らない読書」中江有里
・「エンジョイしなけりゃ意味ないね」朝倉かすみ
・「叙々苑 「焼肉革命」」新井泰道
・「おもしろメニュー二万年」永山久夫
・「夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語」カズオ・イシグロ
・「指名ナンバーワン嬢が明かす テレフォンセックス裏物語」菊池美佳子
・「水曜日の恋人」龍田よしの
・「イタリア半島「食」の彷徨」西川治
・「男は旗」稲見一良
・「ブランドのデザイン」川島蓉子
・「女の庭」花房観音
・「まだある。 今でも買える“懐かしの昭和”カタログ ~駄菓子編 改訂版~ 」初見健一
・「ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗」円谷英明

「銀河鉄道の父」、宮沢賢治ではなくその父を描いた小説。
どこまでが実話かどうかわかりませんが、父を通して宮沢の生涯が描かれています。
「ホンのひととき 終らない読書」、本についてのエッセイ&書評。
こういうのは知らなかった本との出会いを提供してくれます。
「エンジョイしなけりゃ意味ないね」、いろいろな女性を主人公にした短編集。
作者の言葉のセンスに惹かれます。
「叙々苑 「焼肉革命」」、内容といいますか構成がちょっと薄っぺらい。
そのぶん読みやすかったですけども。
「おもしろメニュー二万年」、われわれ日本人は太古の昔からどのような食生活を送ってきたのか。
飽食に浮かれる前にこのような歴史を知るべきでしょう。
「夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語」、ノーベル賞作家の短編集。
翻訳物としては非常に読みやすい。
「指名ナンバーワン嬢が明かす テレフォンセックス裏物語」、今でもいるのでしょうか、テレフォン嬢。
時代の性風俗ですね。
「水曜日の恋人」、ホストを相手にした駆け引きな恋愛小説。
思わず引き込まれて読んでしまいました。
「イタリア半島「食」の彷徨」、日本のイタリア料理には満足できない著者の本場イタリア料理の紹介。
カラー写真でふんだんに。
「男は旗」、作者にしてはややファンタジーな冒険小説。
でもきちっと締めてます。
「ブランドのデザイン」、ブランドをイメージつけるのは何か。
やはりデザインの仕事は大きいですね。
「女の庭」、5人の女たちの生き様と性癖。
相変わらずエロいです。
「まだある。 今でも買える“懐かしの昭和”カタログ ~駄菓子編 改訂版~ 」、昭和の駄菓子健在なり。
でも少しずつ無くなっていくんでしょうね。
「ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗」、ウルトラマンで有名だった円谷プロ。
でもその内情はこのようなものだったのかと。

14冊読みまして、その中から一冊を選ぶわけですが。
候補は「水曜日の恋人」と「女の庭」ですね。
前者はライトノベルといいますか、女性向けのちょっとエッチな小説。
後者もやはりエッチな小説ですね。
私はこういうのに惹かれてしまうのでしょうか。(笑)
「水曜日の恋人」が思いのほか楽しめました。
エタニティ文庫から今まで一冊も選んだことがなかったと思いますので、今回はこれを選んでみましょうか。
今月の一冊はこれに決定。

CIMG3441.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする