2019年05月07日

「耽美なわしら1」森奈津子

CIMG3453.JPG

身長192センチ、鎧のような筋肉に覆われた矢野俊彦。
見た目は超兄貴ですが、心は可憐な白薔薇のごときナイーブなゲイです。
年齢は19歳、大学生であり小説家です。
世界一美しい百合小説家、相原千里(ペンネーム愛原ちさと・男性)に片思い中。
その千里を女性と思い込み、付け狙うレズ漫画家の田中彩子(ペンネーム田中サイコ・女性)がまた強烈なキャラで。
そして売れっ子漫画家のクールで気難しいバイセクシュアルの志木昴(男性)、そのアシスタントでレズの美穂(女性)らが絡んでなにがなんやら。(笑)
俊彦の恋は成就するのか・・・・。
正直言いまして小説としてはオタク同人誌に素人が好き放題書いたというレベルかと。
しかしまあそのめちゃくちゃぶりが面白いのは確かで。
苦笑しながら楽しむべき作品でしょうか。
初出は1995年ということですから、まだボーイズラブなんて言葉がなかったか、ようやく一部で使われ始めたくらいの時代ですよね。
それまでは「やおい」なんて言われていましたっけ。
今でこそこのジャンルは立派に市民権を得ていますけど、当時はかなりオタクな受け止め方をされたんじゃないでしょうか。
「JUNE」という雑誌もありましたが、決してメジャーとはいえませんでしたし。
この作品は角川書店の「小説あすか」に連載されていたとのこと。
マンガの「月刊Asuka」は読んでいましたけど、「小説あすか」というのは記憶にないです。
どのような位置付けだったんでしょうか。
この作品、パート2もありますのでまた近々読んでみます。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『も』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする