2019年05月17日

「変な給食」幕内秀夫

CIMG3458.JPG

最近の学校給食ってほんと変ですよね。
献立見て思います。
これは全国区の現象のようですね。
この本を見ましても、もうとにかく組み合わせがむちゃくちゃです。
カレーうどん、アメリカンドッグ、小倉白玉、牛乳ってなんですかこれ。
コッペパン、みたらしだんご、肉じゃが、牛乳って。
一応は栄養士が献立を作っておられるようですが、栄養士にも受験勉強の弊害が出ているのでしょうか。
知識だけ頭に詰め込んで勉強して栄養士合格。
しかし食事ということをまったく理解していない。
なんでもかんでもとにかくトータルで栄養のバランスが取れていればいい。
そんな考えのようですが、栄養バランスさえとれていない。
ましてや味覚のバランスなど皆無です。
こんな栄養音痴味覚音痴な人たちが子供たちの給食なんか作っていいのでしょうか。
この本は実際に学校で出された変な給食を再現し、すべてカラー写真で紹介しておられます。
まったく笑えます。
これだけならただのトンデモ紹介本です。
しかし著者は幕内秀夫氏。
ただの笑い話で済ませるはずはなく、きっちりとコラムやまともな給食を実現している人たちの執筆でこのバカな実態を批判しておられます。
もっと米を食べるべきだという指摘には私も大賛成です。
給食をパンではなくごはんにするべきだと。
そう、主食をパンにするから変な組み合わせのおかずになるんですよね。
そしてなにを皆勘違いしているのか、最近は米を悪者視する傾向があります。
なにをかいわんやです。
ごはんを食べると太ると思い込んでいる人が多いようですが、ごはんを食べて太った人などいないという著者の指摘はまさにその通りだと思います。
メタボだ肥満だ糖尿だなんてのはごはんのせいではなく、ジャンクフードやら清涼飲料水などのせいです。
大人がそのような偏見偏食をしていて子供に食育ができるわけありません。
家庭でも学校給食でもまずはごはん。
和食を心掛けるべきでしょう。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする