2019年06月30日

6月の一冊

今月の読書は以下の14冊でした。

・「残穢」小野不由美
・「棋士の魂 ~将棋インタビュー傑作選~」別冊宝島編集部 編
・「世界一周ひとりメシ in JAPAN 」イシコ
・「涼宮ハルヒの陰謀」谷川流
・「葎の母」津島佑子
・「それマジ!? 話のネタに困ったとき読む本」綱島理友
・「それでも酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く」大竹聡
・「友情」武者小路実篤
・「シェフの哲学 食の探求から 三つ星レストランの運営まで」ギィ・マルタン
・「スイートトラップ」水城夕
・「美人の時代」井上章一
・「ラスト・ワルツ」柳広司
・「東方食見聞録」森枝卓士
・「片想い」中島みゆき

「残穢」、怖い小説とのことで読んでみたのですがまったくだめ。
期待外れでした。
「棋士の魂 ~将棋インタビュー傑作選~」、なにかと話題の将棋界。
これはけっこう古い本ですが、それでもほぼ皆さんいまだ現役で活躍しておられます。
「世界一周ひとりメシ in JAPAN 」、日本国内を食べ物屋で世界一周するという試み。
それだけ日本というのは各国の料理が食べられるということで、こんな国は他にありませんよね。
「涼宮ハルヒの陰謀」、今回は長編でした。
ハルヒよりも朝比奈さんや長門さんに重点を置いた内容です。
「葎の母」、津島佑子は好きな作家さんですが、これはちょっと私には理解できませんでした。
勉強不足でございます。
「それマジ!? 話のネタに困ったとき読む本」、些細な疑問を企業に問い合わせて確認するという突撃レポ的な一冊。
いや、勉強になりました。
「それでも酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く」、そうなんです、酒呑みおじさんは今日も行くんです。
私も毎日朝から飲んでます。(笑)
「友情」、有名な作家で作品ですが、意外と皆読んだことないのでは。(笑)
ストレートで爽やか(?)な青春恋愛小説ですよ。
「シェフの哲学 食の探求から 三つ星レストランの運営まで」、他の料理人本に比べてやや専門的といえましょうか。
フレンチに限らずですけど、プロを目指す人は読んでみるべきかも。
「スイートトラップ」、プロの域に達していない小説です。
エタニティだからこその作家さんでしょうか。
「美人の時代」、美人がいいかブスがいいか、そりゃ美人でしょう。
フェミニストを敵に回しても(?)著者は主張します。
「ラスト・ワルツ」、ストイックなスパイの世界を描いたシリーズ。
いよいよこれで最終巻でしょうか。
「東方食見聞録」、東アジアの食探報です。
やはり日本人の食欲に訴えかけるものがありますね。
「片想い」、ミュージシャン中島みゆきの対談集。
いろんなジャンルの人たちとの対談で、著者の交友の広さやファン層の広さに感心しました。

ではでは、今月の一冊を。
う~ん、正直言ってかなり厳しいですね。
これといって抜きん出た感想を持った本はありませんでした。
ですがこの中から一冊を選ぶとなりますと。
「それマジ!? 話のネタに困ったとき読む本」でいきましょう。
そうだったのかと感心する話がいくつもありました。
例えば蚊取り線香。
これ、煙にはほとんど殺虫効果がないなんて知ってました?
今月の一冊はこれです。

CIMG3471.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

「片想い」中島みゆき

CIMG3479.JPG

ミュージシャン中島みゆきの対談集です。
表紙の写真を見ましたら、みゆき姐さん若いですねぇ。(笑)
出版は昭和62年。
今から30年以上前で、中島みゆきはデビューして12年です。
今や大御所ですが、このころはまだ初々しかった。
といってもすでにベテランの風格ありですけどね。
さて、対談相手のお名前を列挙しましょうか。
所ジョージ、根津甚八、勝新太郎、吉行淳之介、高橋三千綱村上龍、松任谷由実、桃井かおり、河島英五、岩城宏之、村松友視
糸井重里、春風亭小朝との萬流コピー塾もあります。
これはオールナイトニッポンの収録です。
対談はミュージシャンに限らず文壇からも何人か。
俳優では勝新太郎なんてのも異色な対談という気がします。
どの人たちも著者の不思議な魅力にメロメロといった感じです。
この本の面白いところはただ対談を収めているだけではなく、いろんな人がコラムのような形でコメントを寄せておられるんですよね。
それは例えばマンガ家の秋元治であったり、柴門ふみであったり、映画監督の山本晋也であったり、ジャーナリストの筑紫哲也であったり。
著者が幅広い人たちに支持され、交友の広さもうかがえます。
デビューしてもう45年ほどになりますか。
いまだに第一線のミュージシャンですもんね。
すごい人だなぁ。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

「東方食見聞録」森枝卓士

CIMG3478.JPG

タイトルからわかるように東アジアの食を記録したエッセイです。
フィリピン、台湾、韓国。
もちろん観光客向けの店よりも地元の人たちが通う店、あるいは家庭の料理を取材しておられます。
しかしそういうアジアの一般的な料理というのはなんというか、雑草的なパワーがありますね。
生きる根本としての食、といった気取らない強さを感じます。
掲載されている写真はすべてカラー。
見ているだけでお腹がいっぱいになるような迫力です。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:29| Comment(0) | 『も』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

「ラスト・ワルツ」柳広司

CIMG3477.JPG

シリーズ第4弾。
4編収録されています。
表題作はないのですが、「舞踏会の夜」が該当しますかね。
五條顕子は華族に生まれ、日常の息苦しさに退屈し、10代の頃から何度も家出を繰り返してきた奔放な娘です。
父親が勝手に決めてきた婚約相手は蜥蜴のような顔をした加賀美正臣陸軍大佐。
もちろん両家にとって思惑のある政略結婚であり、愛などありません。
加賀美は顕子になど興味はなく、「お互い、好きにするさ」と顕子がどこで何をしようが一切文句を言うことはありませんでした。
そんな顕子が舞踏会である人物を探していたのですが、その前に現れたのは・・・・。
いつもながらスパイたちのストイックな世界が描かれています。
どこの誰とも素性の知れない男たちの暗躍というか活躍といいますか。
当然のことながら全編にさりげなく漂うのが陸軍のスパイ養成機関である『D機関』の総帥である結城中佐の存在感。
直接これといって登場せず、ここまで存在感を漂わせるキャラというのもたいしたものです。
この「舞踏会の夜」でも顕子に接点のある男として結城中佐らしき人物が登場しますが、敢えて誰とも記されていません。
その他のスパイたちも名前はあるもののもちろん偽名であり、実はどこの誰であるなどという野暮な説明などあるわけもなく、物語の中だけではなく読者に対してもその“秘密主義”が貫かれているのがクールなんですよね。
ところでこれが最終作になるのでしょうか。
この作品が単行本として出たのが2015年。
それから4年。
もうこれで終了ですかね。
まだ読みたい気もしますが、だらだら続けて緊張感がなくなってしまうのもね。(笑)
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

「美人の時代」井上章一

CIMG3476.JPG

美人と不美人、どちらがトクか。
これはもう当然美人なわけですね。
まだ女性が社会進出していなかったころ、結婚して家庭に入るのが女の幸せと思われていました。
ヘタに高学歴なんかだったりするとせっかくの器量が台無しになって嫁に行き遅れてしまう。
なので勉強なんかしなくていいと。
しかし不美人は結婚が難しいので、勉強して仕事を身につけたほうがいい。
というわけで、いわゆるキャリアウーマンというのは不美人が多かったわけです。
器量はよくなくとも仕事が武器になりました。
ところが現在のように女性が社会進出する時代になりますと当然美人もわんさかと溢れてくるわけでして、そうなるとやはり不美人のキャリアウーマンよりも美人のキャリアウーマンのほうが注目されることになります。
フェミニストからすればふざけるなということになるでしょうが、やはりこれは厳然たる事実でしょう。
さて、女性の顔に怪我をさせた場合、美人と不美人では賠償額に差が出るのでしょうか。
美人と不美人では弁護士の攻め方も変わってくるのか。
裁判官の心証は。
著者は弁護士にインタビューします。
その答えは・・・・。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 02:28| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする