2019年06月02日

「残穢」小野不由美

CIMG3466.JPG

ある30代の女性が作家である私のもとに手紙を送ってきます。
越したばかりの部屋に何かがいるような気がする、と。
畳をこするような音がするというのです。
過去にこの部屋で何かがあったのか。
女性と作家はこの部屋やマンションの過去について調べ始めます・・・・。
ドキュメンタリータッチで書かれたホラー小説です。
しかしなんなのかこれは。
まずホラー小説としてまったく怖くない。
これは致命的です。
怖いという評価もあるようですが。
怖くなくても話として面白いかといえばまったく退屈です。
人間が描かれているわけでなし、物語に魅力あるわけでなし。
ひたすら部屋やマンション、その土地の過去に遡って出来事を発掘していくだけで、だからどうなのと。
いろんな所有者の名前が出てきてそれが作品としての厚みになっているかといえば、ただややこしいだけ。
結局「穢れ」は感染するのだということのようですが、で、それぞれの人たちが体験した現象はなんだったのと。
なぜ「穢れ」は発生し、なにを目的としているのか。
普段私たちが普通に生活している家や土地にもいろんな過去があるんですよ、というのはわかりますけどね。
掘り下げていくとどこかに「穢れ」があるかもしれない。
そう考えると身近なところに実は恐怖の元が潜んでいるかもしれません。
って、そんなことではビビらんわ。(笑)
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする