2019年06月11日

「それマジ!? 話のネタに困ったとき読む本」綱島理友

CIMG3471.JPG

一種の雑学本になるんでしょうけど、ちょっと違うのはそういう類の豆知識本というのではなく、著者が疑問に思ったことを実際に取材して検証しておられるということです。
こういうことを疑問に思ったのでメーカーの○○の広報室を訪問して部長の××さんにお話を伺ったと。
そういう過程が書かれているわけです。
もちろん他の雑学本も取材しての結果なんでしょうけど、こうなんだというソースがなく根拠もわからないままの断定だったりするんですよね。
昔ながらの俗説をそのまま記載している本も多いです。
この本では明確に根拠を示しておられます。
突撃レポート的な面白さもあるということです。
例えばこれは有名な話だと思うのですが、味の素容器の穴の話。
どうしたら売り上げが伸びるかという会議で、穴を大きくすればいいんじゃないかとOLが提案。
その結果見事に売り上げが倍増したと。
なるほど、味の素をふりかける回数なんてだいたい皆決まっています。
わずかに穴を大きくすればいつもの回数でより多く消費することになる。
これって当たり前のようですごい発想ですよね。
そのOLは社長から功績を表彰されたそうです。
さて、この話は本当なのかどうなのか。
著者は実際に味の素本社に出向き、広報室に取材するわけです。
他にはガソリンが北海道や沖縄という地方、季節によっても中身が違うとか。
著者は出光興産の広報室に話を伺います。
緊急時の保存食として重宝されているカンパンには陸軍式と海軍式があるとか。
一般的に出回っているのはどうやら陸軍式のようで、海軍式は4センチ×7センチの大きさで、昔ながらの製法で作られておりかなり硬いとか。
私は見たことがないですね。
これも発売元の三立製菓に話を伺っておられます。
その他、テレビショッピングの通販商品はなぜどんどん値段据え置きでおまけが増えていくのかなど、誰もが疑問に思いつつもわざわざ調査などしない疑問についてのコラムが満載。
お見事です。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 17:02| Comment(0) | 『つ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする