2019年06月20日

「スイートトラップ」水城夕

CIMG3475.JPG

会社の休憩室で付き合って1年になる彼から別れを告げられた真梨乃。
その様子を見て冷笑したのは新入社員の相馬陸です。
その夜同僚の早希子とヤケ酒を飲み帰宅した真梨乃はまだ飲み足りず、自宅でも飲み続けて酔っぱらって部屋を出ると隣の部屋の健二とばったり。
健二は真梨乃の中学時代の後輩です。
健二の部屋になだれ込んだ真梨乃は一夜を過ごしてセックスしてしまうのですが、翌朝起きてみるとそれは健二ではなくなぜか相馬陸で・・・・。
もうなんといいますか、ムチャクチャな小説です。(笑)
弟と暮らしている部屋の隣には中学時代の後輩、反対側の隣には同じ会社の相馬陸。
今まで隣に陸が住んでいたことに気づかなかったというのは100歩譲っても、いくら酔っぱらっていたとはいえ健二と間違えてセックスするか。
健二だとわかっていても普通しないでしょ。
そのあとは陸に誘われるままに会社でもしてるし。
ただのヤリマン女です。
設定もなぁ。
皆のいる会社の休憩室で別れを告げる彼氏というのもどうかと思いますし、同じ会社でありながらその彼氏は二度と出てきません。
まあいいですけど。
住んでいるマンションの部屋の両隣に中学の後輩と同じ会社の新入社員というシチュエーションもなんともいやはやですし、真梨乃が勤める大手商社に徒歩で通えるというくらいですからかなり都会にあるマンションですね。
相当いい暮らしです。
健二は真梨乃の中学時代の後輩のはずなのですが、なぜか真梨乃の高校時代、同級生の中に健二に思いを寄せる女の子がいたとか。
わけわからん。
文章もなぁ。
「嘆息」という言葉が何十回出てくることか。
なにかあれば主人公は嘆息します。(笑)
ストーリーに至ってはラストの展開に椅子からずり落ちそうになりました。
恋愛小説がいきなりミステリーに変貌し、しかもとんでもない衝撃の真実。
なんですかこのバカミスっぷりは。
唖然としました。
書くほうも書くほうですが、これを通した編集者も相当なものです。
以前に読んだ作品もたいがいでしたが、これはさらに磨きがかかっています。(笑)
恐れ入りました。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする