2019年07月04日

「食べもの屋の昭和 伝えたい味と記憶」岩崎信也

CIMG3481.JPG

元号が令和になりまして、平成を挟んでその向こうの昭和というと、昔な時代という印象がますます強くなりました。
この本では老舗といわれる食べもの屋を取材することにより、昭和の前半あたりまでの様子を聞き取れるかという試みをしておられます。
出版されたのが平成20年。
昭和が終わって20年ということです。
その当時の店主に店の歴史を訊き、覚えておられる限りの昔の話を聞いておられます。
昭和というのは歴史的にも戦中戦後、高度経済成長などがあり、目まぐるしく文化が変動していった時代でした。
なので昭和という時代を経験している人たちにとっては独特の思い入れやノスタルジーがあるんですよね。
今後数十年経って振り返っても、平成という時代にはそのような特別感は無いように思います。
さて、この本で紹介されている食べもの屋は29店。
東京では天ぷらの「てん茂」、そばの「池の端藪蕎麦」、うなぎの「野田岩」、どじょうの「伊せき」など。
私の住む関西では小鯛雀鮨の「すし萬」、すっぽんの「大市」などが紹介されています。
老舗といわれる名店の重みがずっしりと伝わります。
しかしただ単に店の歴史を知るだけではなく、当時の食文化、風俗を知ることができるのが貴重です。
それでもやはり時が流れるにつれ、取材に応じられた店主は亡くなられたりしていますし、惜しまれながら閉店してしまった店もあります。
ますます昭和という時代がノスタルジックに、幻になっていくような気がしてしまいます。
サブタイトルに「伝えたい味と記憶」とありますように、ほんと残していきたいですよねぇ。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする