2019年09月04日

「進化する日本の食 農・漁業から食卓まで」共同通信社 編

CIMG3513.JPG

現在の日本の食の現状とはどのようなものか。
産地の偽装や添加物まみれの食品があふれかえっています。
中国製の食品に殺虫剤が混入していたなどという事件もありました。
食の安心や安全が叫ばれる昨今、しかし日本の食料自給率は40パーセントと先進国の中では最低です。
にもかかわらず大量の食品を廃棄しているという矛盾。
このままでは日本の食はどうなってしまうのか。
本書では農業や漁業などの生産者を取材し、現場の実情を報告しています。
しかし生産者だけではなく、消費者も意識を変えないとどうにもならないですよね。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:24| Comment(0) | 『き』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする