2019年09月30日

9月の一冊

今月の読書は14冊。

・「南の肌」円地文子
・「進化する日本の食 農・漁業から食卓まで」共同通信社 編
・「舞面真面とお面の女」野崎まど
・「味覚旬月」辰巳芳子
・「給食のおにいさん 卒業」遠藤彩見
・「ラブホテル進化論」金益見
・「縦横無尽の文章レッスン」村田喜代子
・「犬と鴉」田中慎弥
・「雨の塔」宮木あや子
・「ヨーロッパ横丁たべあるき」田辺聖子
・「梅咲きぬ」山本一力
・「テレビ料理人列伝」河村明子
・「あおい」西加奈子
・「笑福亭鶴瓶論」戸部田誠(てれびのスキマ)

「南の肌」、当時の現実を小説にしておられます。
作者の主張が厳しい。
「進化する日本の食 農・漁業から食卓まで」、本当に日本の食は進化しているのでしょうか。
疑問に思いますが、この本を読みますとまだまだ頑張ってくださっている生産者がいらっしゃいます。
「舞面真面とお面の女」、いつもながらなんで登場人物はこんな名前なんだと。(笑)
お面の彷徨先の理由がいまいちよくわからなかったのですが。
「味覚旬月」、昔から伝えられてきた家庭料理。
いま、それを伝えられる人がどれだけいます?
「給食のおにいさん 卒業」、いよいよおにいさんも給食から卒業することになりまして。
さて、次巻からどのような展開になるのでしょうか。
「ラブホテル進化論」、ラブホテルという見て見ぬふりしがちな存在を真正面から取り上げておられます。
お見事です。
「縦横無尽の文章レッスン」、小学生の作文なども例に挙げ、いい文章とはどういうものかと解説しておられます。
なるほどと思う箇所多数。
「犬と鴉」、ちょっとシュールで難しかったですけど。
表題作よりも他の収録作に私は魅力を感じました。
「雨の塔」、閉ざされたシチュエーションで少女4人の物語。
なんとも耽美で静謐な雰囲気がよかったです。
「ヨーロッパ横丁たべあるき」、ヨーロッパといえば美食というイメージがありますが。
お聖さん、カモカのおっちゃんとともに横町の食堂を紹介してくださいました。
「梅咲きぬ」、山本一力作品ではお馴染みの『江戸屋』女将の秀弥。
三代目、四代目の生きざまがたまらなくいい。
「テレビ料理人列伝」、いまや溢れるほどいる料理研究家。
でも昔はもっとシビアにこの仕事に取り組んでいらっしゃったんです。
「あおい」、主人公は27歳の女性ですが、読んで思ったのが非常に肩の力が抜けてるなと。
変に『27歳の女性』を作ってないんですよね。
「笑福亭鶴瓶論」、笑福亭鶴瓶の半生を読みつつ、いろんな人のエピソードも知れたのは収穫でした。
笑福亭鶴瓶という芸人を論じた本として、いいのかどうかはなんともいえませんが。

今月読んだ中でいちばんよかったと思えた作品を選ぶ今月の一冊。
今回は2作に絞られ、「雨の塔」と「梅咲きぬ」です。
「雨の塔」の雰囲気というのは私にはすごくよかったですね。
こういうの好きです。
でも「梅咲きぬ」の読み応えが圧巻でした。
山本一力の作品にはいつも感服させられます。
ということで、今月の一冊は「梅咲きぬ」山本一力です。

CIMG3522.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする