2019年10月10日

「銀翼のイカロス」池井戸潤

CIMG3530.JPG

出向させられていた先から東京中央銀行第二営業部次長に復帰した半沢直樹。
その第二営業部が頭取の意向もあり、ある会社を任されます。
破綻寸前の帝国航空です。
審査部が扱っていたはずの帝国航空をなぜ第二営業部が。
しかも頭取が直々に半沢を指名です。
政権交代した新政権はタスクフォースという再建機関を立ち上げ、帝国航空再建のため東京中央銀行に500億円もの借金を棒引きにしろと要求してきます。
そんな無茶な話を飲めるわけがありません。
半沢は拒否しますが、銀行内上層部にはこれを受け入れるよう圧力をかけてくる人物がいます。
常務の紀本です。
半沢はこの窮地をどのように凌ぐのか。
そしていったいこの件にはどのような裏があるのか・・・・。
半沢直樹シリーズ第4弾。
銀行に復帰した半沢にいきなりの試練です。
まあパターンはいつも一緒なんですけどね。
半沢が煮え湯を飲まされた顧客や上司に起死回生の一発をかまして留飲を下げるという。
ですがそれをどう読ませるかが話なわけで、そこをぐいぐい読ませるのがこの半沢直樹シリーズであり池井戸潤という作家なわけです。
一気に読ませますね。
半沢を始め、それぞれのキャラがいい。
脇を固める渡真利や近藤といった同期の友人たち。
今回半沢の片腕となる部下の田島。
上層部と半沢の間に立ち、苦渋しつつも半沢を見守る上司の内藤部長。
そして銀行のトップである中野渡の心情にも今回は触れられています。
で、あのオネエキャラ金融庁の黒崎も登場し、半沢との対決があります。
でも、あの嫌味な黒崎が実はちょっといいヤツだったりして。
やっぱりこのシリーズは面白い。
もう5年も新作が出ていませんが、これで最終なのかなぁ。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

「いつまでも白い羽根」藤岡陽子

CIMG3529.JPG

家庭の事情もあり大学受験を失敗した木崎瑠美。
気が進まないながらも看護学校へ進学します。
そこで知り合ったのが山田千夏。
不器用ながらも前向きな千夏、やる気はないけれども成績はいい瑠美。
タイプの違う二人ですが親友となります。
そして主婦の佐伯さん、美貌ですが影のある遠野藤香と同じ実習のチームになり付き合うこととなります。
千夏、佐伯さん、藤香、それぞれが口にはしないものの、重いものを抱えています。
実習では患者や医療の現実を目の当たりにする毎日です。
そんな日々を過ごしつつ、気が乗らなかったはずの瑠美の心は徐々にほぐされていきます・・・・。
主人公の瑠美は不器用といいますか、思ったことを口にせずにはいられない勝気なタイプ。
それでけっこう損をするんですよね。
親友の千夏はモアイとあだ名されるような見た目はあまり女性らしくなくもっさりしているのですが、しかし非常に繊細な心を持っています。
この千夏のキャラがかなり魅力的です。
私は瑠美よりも千夏ですね。
見た目はあまりよくないようですが。(笑)
千夏がこういうキャラだからこそ瑠美がまた引き立つんでしょう。
作者は現役の看護師とのこと。
また子供を持つ主婦でもあります。
なのでその立場をじゅうぶんに反映しておられるのではないでしょうか。
実習のリアリティはやはりご自身の経験が生かされているのでしょうし、佐伯さんの設定もまたご自身を重ねられていると思われます。
そしてとても丁寧に主人公の成長を描いておられますね。
千夏、佐伯さん、藤香の生き方も皆真摯です。
作者の優しさといいますか想いといいますか、そういうのがしっかりと伝わってくるいい小説でした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ふ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

「好きなものを食べて長生きできる 長寿の新栄養学」フレディ松川

CIMG3528.JPG

いくら長生きできるとしてもベッドで寝たきりでは意味ないですよねぇ。
やはり健康であるというのが前提となります。
そのため気を使うのがやはり食事ということになるわけですが、しかし健康のため好きな食べ物や飲み物を我慢していったい何のために生きているのか、と著者は言います。
食べたいものを我慢してまで長生きしてもしょうがないではないか。
“間違いだらけの健康神話”に惑わされていないか。
体にいいといわれている食品や食生活に対して、医者である著者が検証し、好きなものを食べて長生きしましょうと提案します・・・・。
まずは食事にしろ健康法にしろダイエットにしろ、正しい知識を持たなくてはなりません。
むちゃくちゃな食生活はもちろんだめですが、ちゃんとした知識のもとに栄養をコントロールすればじゅうぶん好きなものを食べて健康を維持できます。
いろんな人がいますよね。
胡散臭い健康食品や間違ったダイエット法などに手を出す人たち。
健康のためなら死ねるという健康オタクもいったい何が楽しいんだか。
また80歳の老人がいまさら健康のため食生活を変えたりタバコをやめる必要などどこにもありません。
その食生活でその歳まで生きてこられたのですから。
テレビで体にいいと紹介された食品があっという間にスーパーから姿を消したりもします。
こういうのに振り回されるのはほとんど女性です。
で、すぐに飽きて次のブームにまた飛びつく。
冷静になれよと思います。(笑)
私はさほど長生きに関心がないのですが、この本は読み物としてじゅうぶん楽しめました。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 02:42| Comment(0) | 『ふ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

「侠飯3 怒涛の賄い篇」福澤徹三

CIMG3527.JPG

渋川卓磨は闇金業者のやとわれ店長。
経営している本部はいわゆる半グレといわれている組織です。
ある日ボスから祖父であるヤクザの組長宅を立ち退きさせろと命令を受けます。
行儀見習いとして組事務所に住み込むことになる卓磨。
そこにやってきたのがいかにもその筋な二人の男たち。
見事な仁義を切って客人となります。
頬に深い傷跡のある兄貴分の男、なぜか毎日台所で賄いを作り始めます・・・・。
シリーズ第3弾。
二人の男というのはいうまでもなく柳刃と火野です。
今回は組事務所に住み込んで料理の腕を揮います。
卓磨からすれば、いったいこの男たちの目的はなんなのか。
祖父である組長を立ち退きさせる目的の自分にとって、敵になる存在なのか味方になるのか。
なんで毎日料理を作り、それがやけに旨いのか。
それよりも自分はボスの命令通り祖父である組長を立ち退きさせることができるのか・・・・。
このシリーズ、その都度主人公が設定されるわけですが、今回は柳刃の下で料理の手伝いをしながら少しずつ成長していくんですよね。
見た目いかつい柳刃ですが、ブレのない真摯な考えや言葉に主人公が影響を受けて変わっていくというパターンです。
最後はちょっとほろっとさせられたりして。
章ごとに紹介される料理が読みどころなわけですが、普段料理をしないような一人暮らしの男子にもできそうな料理です。
白々しくなくレシピが紹介されています。
このあたり上手く料理がストーリーに組み込まれていると思います。
次作も楽しみです。
ラベル:グルメ本 小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ふ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

「ヘンだと思ってたけどやっぱりヘンだったあのヒトたち ワイドショーお騒がせオンナ列伝」山田美保子

CIMG3526.JPG

94年~98年にかけて「アサヒ芸能」や「女性セブン」に連載されたコラムの文庫化です。
サブタイトルにもありますように、登場する人たちはすべてお騒がせな女性ばかり。
今から20年以上前になりますが、さて当時はどのような女性たちが世間を騒がせていたのか・・・・。
目次を勘定しますとおよそ80人ほどですか。
複数回取り上げられている人もいます。
最初に登場するのは花田家の嫁2人。
いまやどちらも離婚しましたが。
そしてもちろん女子アナは欠かせません。
中村江里子とかイタかったですね。
歌手やらタレントやらも多数。
江角マキコ、林葉直子、葉月里緒奈、小柳ルミ子、梅宮アンナ、松田聖子、川島なお美、などなど。
もちろん野村沙知代VS浅香光代のバトルも取り上げられています。
男性にもヘンな人はたくさんいますけども、やはり勘違いっぷりは女性のほうが一枚上手か。(笑)
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする